スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9弾センチネル雑感

前回の記事で取り上げたGレコの横でこれも少しさわってました。

あまり細かいことはわからなかったので、ざっくり書きます。ざっくり。

「Ex-Sガンダム」
目玉。セットカードバウンスで+3か-3を与える効果はなかなか便利でした。最も使ったのは-3の方です。後述しますが、+を与える効果であれば「Sガンダム」の方が強力で、こちらは除去面で主に使用することになると思われます。だいたい-6で除去していくのがメインで、それ以上となるとロールコスト面でキツかったです。またセットカードの枚数にも限りがあり、乱発できないのも注意が必要でした

「Sガンダム」
個人的にかなり使いやすかった1枚。調整に使用したデッキがセットカード特化だったのもありますが、+6~+10くらいまで余裕でした。「Ex-Sガンダム」とは異なり、セットカードの消費が無いので、数ターンに渡って効果を使い続けることが可能です。
自身のテキストでセットカードを増やせるのでこいつ1体でも仕事は出来ますが、やはり真価は「Ζガンダム(ハイパー・メガ・ランチャー)」との併用だと思われます。「部隊戦闘力+14!」とかやってましたw
ちなみに、BBBの「ユニコーンガンダム」と併用すると、それ以降手札確保に困ることは無いでしょう(笑)

「防衛任務」
想像以上に使えた1枚。似たような仕事をするカードに「オットーミタス」がありますが、こちらは(条件さえ満たせば)青1で撃つことができ(オットーは合計青2)、即効性が高かったです。また、オットーとは異なり配備フェイズに動く必要がないので、相手の出方をうかがえるのもgood。手札が減らないのも地味に強かったです。肝心の(コストが下がる)条件ですが、オットー等のステイキャラ、BBBユニコーンガンダム、Sガンダム系のテキスト等々、条件を達成するのは容易でした。

「Zガンダム(バイオセンサー)」
公開された当日、「ナニコレ弱」と思った1枚でしたが、実際に使ってみるとそこそこ便利な1枚でした。理由は、
・Sガンダムデッキがセットカードを多用するので、知らぬ間にデッキが減っている→本国ダメージは他のデッキ以上に痛い
・フィニッシャーであるSガンダムは強襲ユニットであり、高機動に乏しい
・「零時までの逢瀬」「ユニコーンガンダム」等で手札やハンガーの確保に困らないため、テキストでパンプしやすい
・「ウェイブライダー」「ZプラスC1型」等から改装出来る
等があげられると思います。
作品単構築でも結構な活躍をする1枚ではないでしょうか。

「ペガサスⅢ」
Sガンダム系でデッキを組むなら是非活用したい1枚。セットカードを増やしていくことに加え実は手札事故も回避できる便利な1枚でした。しかし、5ターン目くらいになってくるとテキスト起動するのが難しく(他のことにロールコスト使いたい)、欲張ることはできません。耐久も3しかないので、配備焼きなどを食らうと大損害。過信は禁物です。

「ZプラスC1型」
公開当日「つえぇ!」と思った1枚。実際に使ってみると、良くも悪くも「5点高機動」といった印象。3ターン目に出すこと自体は容易(オットーやペガサスが居るため)なのですが、1,2回殴ってあとは配備に引きこもってました。0コスト改装は強く、Ζガンダム(ハイパー・メガ・ランチャー)に改装して奇襲こかけることもでき、便利なのは事実です。

「Gクルーザー」
セットカード確保、0コスト改装、何も弱くないので3枚入れましょう。

「Sガンダム(ブースターユニット装着型)[†]」
攻めに使う分には少々オーバーキルでした。サイズアップ+強襲というSガンダムデッキの基本戦略からは少しそれる印象です。ロールインなのもキツイですね。ユニコーンガンダムやペガサス等が高機動を得ることができるため、緊急時に高機動ブロッカーが足りない!なんてときには役立ちました。

「ドッキングシステム」
今回デッキに入れてません。作品単で使いましょう。

「ALICE覚醒」
今回「宇宙を駆ける」を優先したため、デッキに入れてません。

「黒いセンチネルのカード」
青単デッキだったので入れてません



~デッキ全体として~
セットカード自体はテキストを持たないので、「まわりくどいかな?」という印象でした。セットカードを増やすことに専念しすぎると、大事な大事なアタックチャーンスを逃してしまうので、攻めるときはしっかり攻めるというプレイングを要求されます。使うのが難しいデッキタイプのひとつだと思います。
全く新しいデッキタイプの到来で、ユーザーに人気が出そうですね。


以上です。
スポンサーサイト

軽く人間不信

自分に合わせてもらうのが至極当然だと勘違いする人間は嫌いだし、絶対に自分が害を被らない枠外でしか動かない人間が嫌い

色々面倒

外に出たらビックリ

ようやく我が家の周りにも雪が!!

雪と言い切るには少々粒が小さい気がしますがww

で・・・寒いんだよ!!!寒いのは苦手なんだよ!!

というわけで今日は一日中家に引きこもるというダメ生活。大会に行く気も完全に失せました。

近日開催のヴァイスの大会のために、オープン構築を考えてたんですが・・・・。

何しろオープンは初めて

知識も経験も皆無。サイド限定ですらやったことが無いので、リアルに右も左もわからんw

もともと、D.C.があるということで始めたので、それ以外のタイトルはスルーしてたんですよね。


とりあえず考えてみた基本構築は、

トラブルガール ハルヒ

鉄槌の騎士 ヴィータ


を主軸としたダメージ優先デッキ。


トラブルガール ハルヒ
色:赤
レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《団長》・《本》

【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「サムデイ イン ザ レイン」があるなら、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。 (ダメージキャンセルは発生する)


鉄槌の騎士ヴィータ
色:赤
レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《魔法》・《武器》

【自】[①]このカードがアタックした時、あなたのクライマックス置場に「ぶち抜けー!」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、相手に1ダメージを与える。 (ダメージキャンセルは発生する)
【自】このカードがリバースした時、このカードとバトルしているキャラのレベルが2以下なら、あなたはそのキャラをリバースしてよい。


どちらも、連動CXが扉(回収)アイコンなので、手札には困らないはず。

色は、赤中心の青・緑タッチにするつもり。

↑の2枚は、どちらも基本性能は◎なので、あとはサポートをどれだけできるかが重要。

多分、ヴィータは普通にアンコールをつければいいはずww

青には、アンコール付加系のカードがたくさんあるので、相性は○。

となると、緑の役割だが、「ネコミミ みくる」のような、こちらのダメージを軽減するカードか、「本好きなエリー」のように、後半のストックを貯めておけるカードを入れようかと。

あ、「魔法訓練」は入っても1,2枚かなあ。むしろ「コーデリアのお花畑」を優先したいよね。

さて、ではしっかりレシピを考えるとするか・・・。完成したらUPしまする。

ではでは~。

タメGが1枚50円・・・だと・・・。

今日は、横浜のとあるカードショップに行ってきまして、色々調査してたのですが・・・。


ウィナーズブースターのタメGが1枚50円ってどういうことじゃぁぁぁぁ!


まあ封入率的に考えたら妥当なんですかね・・・??


続きを読む

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。