スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエマ新殿堂発表!

デュエマの記事は、殿堂発表についてくらいしか書くスキルを持たない自分ではありますが、そんなことは置いておいて。。。


デュエマの最新殿堂レギュレーションが発表されました。施行は3月15日からとのこと。今回は、プレミアム殿堂が3種、殿堂が1種でした。


・プレミアム殿堂
エンペラーキリコ
母なる紋章
邪神Mロマノフ


・殿堂
カラフルダンス


では1枚ずつコメント的なものを。。。


・エンペラーキリコ
適切な判断だと思います。「ほぼノーコストで場にクリーチャーを3体並べる」という効果は汎用性の塊であり、過去にプレミアム殿堂となった「インフェルノゲート」同様、「カードプールの拡大に比例して強化される効果」でした。各種コンボデッキの中核を担うカードでもあり、「ビクトリー1」の開催期間中は、「ザビ・ミラ」からの「ヴォルグ・サンダー」を並べるデッキアウトコンボで世間を騒がせました。

・母なる紋章
これも、適切な判断でしょう。「母なる大地」に続く「母なる」シリーズ2枚目のカードであり、文明制限はあるものの、マナゾーンからかなり自由度高くクリーチャーを呼び出せた(交換できた)カードです。レインボーカードが増えてからは、構築時にちょっと気をつければ、文明制限が邪魔になることは無かったでしょう。進化カードを呼び出すことも可能で、上記のエンペラーキリコ等がよくお世話になっていました。

・邪神Mロマノフ
これも予想通りでしたね。長きに渡って速攻を速攻たらしめた張本人であり、このカードの存在により、速攻はトップメタに居座り続けることに。1枚制限になった後も「進化の化身」でリカバリーしたタイプが環境に残り続け、その安定した(パンチ力のある)速さは、「これならエンペラーキリコに勝てる」と言われたほど。史上このカードにしかない「マッドデッキ進化」という、桁外に容易な進化が強すぎたのでしょう。

・カラフルダンス
恐らく、現状では「?」といった印象が世間では一般的でしょう。効果は非常に強いのですが、対処不能な強さを持っているわけではありません。・・・となると、3ヵ月~6ヶ月後くらいには、このカードが猛威をふるう環境になっているということでしょうか??


以上です~。個人的には、「サイバーNワールド」が殿堂入りすると思ってました(汗)。「カラフルダンス」が制限入りしたところを見ると、これから墓地利用系のデッキが更に強化されるということなのでしょうか??ブツブツ

ではでは。


スポンサーサイト

ビクトリー1レポ

結果から申しますと、予選落ちでした。デッキ選択に大きな間違いは無かったように思うのですが、時間の壁を越えられませんでしたね・・・。以下レポです。

使用デッキ:ドロマー豪遊


1回戦:vs白緑豪遊
序盤に「特攻人形ジェニー」等でハンデスをし、「予言者ヨーデルワイス」で場を整えて「超次元シャイニーホール」で場の除去。理想的な流れで「豪遊!セイントシャンメリー」に覚醒リンク。次のターンで勝ちや!ってところで時間切れ。
-

2回戦:vs青白天門
解体人形ジェニーで「ヘブンズゲート」が見えたので引っこ抜いて、その後も容赦なくハンデス。相手の手札がゼロになったところで「ブラックWILLOWカイザー」を出して場を制圧。結果、相手の場に何も並ぶことなく勝利。豪遊パーツ相手にはWILLOWが良い解答ですw


3回戦:vs赤黒緑ビート(ハイドラ採用型)
相手の超次元ゾーンに「ハイドラギルザウルス」が見えて冷や汗。序盤は「無頼勇騎タイガ」で殴られるが、ハンデスで選択肢を奪って「超次元ミカドホール」から「ブラックWILLOWカイザー」を立てることに成功。「超次元シャイニーホール」→「サンダーティーガー」を併用して相手の「ハイドラギルザウルス」と「アクアカトラス」を両方除去。地味に豪遊パーツも揃え、次のターンに覚醒や~と思ったらここでまさかの遅延行為・・・。確信はないですが、あんな終盤でしつこく超次元ゾーン、手札枚数、マナの確認とかをしてくるんだから・・・ねぇ・・・。「ちょっと急いでもらっていいですか?」とやんわり促すも、特に効果なく時間切れ。
-


結果1-0-2で見事に予選落ちです。ハンデス型ドロマーのような耐久型のデッキは完全に時間との勝負ですね。
引き分けた2試合ではあと1ターンが届かなかったので、かなり悔しいです。今回は身内から頻繁にアドバイスをもらっていただけに、余計残念・・・。身内の1人がブロック優勝しているので、頑張ってもらいたいです。

以下、デッキレシピです。


(メイン)
4特攻人形ジェニー
1黙示護聖ファルピエロ
1超次元サプライズホール
1氷牙フランツⅠ世
3エナジーライト
1ヤミノカムスター
1王機聖者ミルアーマ
1魂と記憶の盾
1魔光王機デバウラ伯
3セブコアクマン
3解体人形ジェニー
1天使と悪魔の墳墓
2予言者ヨーデルワイス
4超次元シャイニーホール
3超次元リバイヴホール
3超次元ミカドホール
1DNAスパーク
1超次元バイスホール
3アクアサーファー
2霊騎コルテオ

(超次元)
1光器セイントアヴェマリア
2アルプスの使徒メリーアン
1光器シャンデリア
1イオの伝道師ガガパックン
1ブラックWILLOWカイザー
1サンダーティーガー
1時空の喧嘩屋キル


従来のドロマーとほぼ同じですが、「ヴォルグサンダー」に耐えられるようにクリーチャー多めです。ハンデスに尖らせ過ぎると「永久のリュウセイカイザー」で圧殺される読みで、ハンデスは必要最低限に。あと自分は構築の段階でどうしても1,2枚積みが多くなってしまうので最後に「天使と悪魔の墳墓」が入りました。

超次元ゾーンは普通に豪遊。キルとかティーガーとかのメタパーツを入れた上で、「ビート系に有利」、「豪遊パーツを殲滅できる」、という理由でWILLOWを採用。環境にもなかなか刺さると思いました。

反省点は、結果的にデッキ選択ミス。ビートに対して有利なビートを考案するか、素直にNエクスを使うべきでした。身内との調整でも、時間を気にしたプレイを心がけるべきでしたね。


店舗予選~ブロック大会の期間の調整に付き合ってくれたみなさん、有難うございました。直前までアドバイスをくれたhaolahnくんには特に感謝。

デュエマ勢とはなかなか会える機会がないのもあり、今回の大会期間はとても楽しい時間を過ごせました。

ではでは




ビクトリー1当日

いよいよ本日ですね。結果に固執せず、自分の精一杯を出し切ろうと思います。

休日は・・

身内とデュエマをE1限定でずっとまわしてました。エリア代表戦はどのデッキでいきましょうかねぇ・・・。どのデッキを選択するにしても、青絡みでないとトーナメントを勝ち上がることは難しいですかね。去年の日本一はドロマーに軍配がありましたが、今回はボルバルザークエクスやガイアールカイザー、リュウセイカイザー等の盤面決定力が増えたので、赤や緑にも大いにチャンスがあると思います。普遍的な強さを維持してきたハンデス戦略に対しては、サイバーNワールドという最強のアンチテーゼが現れたので、「ただハンデスする」という単純な戦法は通用しなくなってしまいました。上記のリュウセイカイザーも考慮すると、多数のランダムハンデスより、解体人形ジェニーのような1,2回のピーピングハンデスの方がこちらのアド損を防いでくれますね。

最近は、普段では考えられないくらいデュエマしてましたね。何も無い休日って幸せだなぁ。。。というわけでまた多忙な1週間が始まるのでした。

忘れてました(汗

↓の記事に載せたデッキレシピ、超次元ゾーンのリストを書き忘れました・・・。

(超次元)
1時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブルパワード
1時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1時空の探検家ジョン/冒険の覚醒者ジョンジョジョン
1時空の戦猫ヤヌスグレンオー/時空の戦猫シンカイヤヌス
1時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキックスヴァ
1時空の凶兵ブラックガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネスガンヴィート
1時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1超時空ストームGXX/超覚醒ラストストームXX

こんな感じです。ラストストームになることは滅多に無いですね(笑)スヴァ以外の7枚はすぐに埋まったんですが、最後の1枚をスヴァにするかヴォルグサンダーにするかで迷いました(ランブルは構築的に覚醒効率が悪いので候補から除外)。で、ビートや速攻が多いと読んでスヴァに決定。ま、速攻は1回しか踏まず、コントロールと当たることが多かったんですがねww

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。