スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィ更新

ガンウォのオフィが更新。GTレギュレーションが発表されました。

今回のセミファイナルとファイナルは「絶対戦力」は使用不可のようですね。となると、「弩級」の心配の必要性が皆無なわけで、デッキ構築がしやすくなります。

そうなってくると、当初の予定通り、赤紫なのかなぁ・・・。メインデッキの方はほとんど完成しているのですが、サイドボードが怪しい。どれに対策を張るかにもよりますが、「奪われた獣」はやはり刺さりそうなので採用。ディアゴ御用達の「マスラオ(トランザムモード)」に対して無力と思われますが、そこは「もみ消し」の出番でしょう。「奪われた獣」自体は、ミラー、レイダーデストロイ、各種速攻と色々対抗できるので便利。オーライザーでチャンプブロックして、破壊→廃棄のタイミングに使うことで擬似的な破壊無効になるのも高評価。紫Gのオマケもついてきますしねw

あと「ヤクト・ドーガ(ギュネイ機&クェス機)」は正直微妙です。デッキトップ送りのテキストは決して悪くないのですが、効果的な場面が非常に限定的。ミラー戦においてはギリや転向の対策として騒がれましたが、逆に言えばそれだけ。実際の使用感はイマイチだと個人的に思いました。サイドに1はアリかもしれませんが、メインから入るか・・・?だったら雲散霧消にしたほうがライザー対策にもなって良いですよね?なんだかんだでユニコーン(から跳んでくるペーネロペー)も怖いですしね。

スポンサーサイト

GT考察その1

そろそろGTについて真面目に考えなければいけない。

使用デッキ候補は・・・

①赤紫ライザークアンタ
②白単レイダーデストロイ
③青黒ファラギンガナム

ここまで絞ったつもり。

①、②はまさに定番。環境のトップを走るデッキであり、強力な勝ち筋を持つ。安定性で言えば赤紫で決まりなのだが、一撃の大きさを考えるとレイダーデストロイに軍配があがる。研究が進んでいないが、③の青黒ファラギンガナムにもチャンスあり。うまくいけば3ターン目に相手の息の根を止めることができる。

色々あるが、今回は赤紫について調整点を少々。

一度組んでからあまり内容は変わっていないが、現在でもカウンターの配分は悩むところ。臨機応変、万能に対応できる「宇宙を統べるもの」、「ジオンの姫御子」を2枚ずつという構築が最も勝率がいい。加えて「作戦の看破」を2枚ほど。合計で6枚カウンターが入っている。少々多い印象も受けるが、ライザーとクアンタに直接的な除去耐性が無いため、これくらいが必要になる。
配分をいじるとしたら、「脅迫」を1枚追加して、「作戦の看破」を1枚減らすといったところ。結局のところ、コマンドをカウンターすることが一番多いわけで、本質的な役割はほぼ同じ。環境が赤紫傾向にあることもふまえると、ワンチャンスかけてアドバンテージをとりにいける。

なんだかんだでバカにできない緑ウィニーの巻

友人の緑ウィニーとスパーリングして思ったことをちらほらと。

まず・・・

先攻1ターン目シャッガイは鬼

まあ当たり前と言われればそれまでなのですが、赤紫を使っていてこれをやられると具体的に・・・

①内部調査が張りにくい(効果1回分が無駄になる)。

②換装の直前でしか、オーライザーを張れない(後述)。

③単純に打点ゲーww

まあ色々あります。

③は当たり前。あと水ってのが卑怯くさい。

①については、小さなことかもしれませんが、欲しいパーツが場面ごとにはっきりとわかれるので、効果1回の犠牲は痛いですね。

さて、②について。オーライザーを出すと、シャッガイの打点をスルーすればオーライザー退場。ブロックに出ても、恐らく死ぬる(ザク&ザクⅡが付いて来る場合が多い)。一応、自軍ターンに宇宙に空出撃するという回避方法もありますが、赤い彗星も結構とんで来る。やはり安定なのは、換装直前に出すといったところでしょうか。

緑ウィニーに対する明確な解答としては、「木星圏からの出発」「奪われた獣」等がありますが、木星圏からの出発については、もみ消しとスロットを争うところ。最近はディアゴにメタを張りがちなので、バランスが難しいですね。ディアゴが多い読みなら、木星圏1、もみ消し2ですかね??
奪われた獣については、シャッガイの対策にならないところが少々痛い。が、ザク&ザクⅡをハンガー送りにするだけでかなり延命できるのでやはり必要。メイン1、サイド1が安定??

とまあ、ウィニー減少傾向にある現環境(ディアゴ&ライザー的な意味で)ですが、忘れたころにやってくるウィニーほど怖いものはないことを再認識しましょう!!

ではでは~。

グランドトーナメント2011開催!!

オフィが更新。

グランドトーナメント2011が開催されます!
今期は、以前のショップ代表選抜大会と形式が適用されていますね。
まずはショップで1位になって、そこからショップ代表を決めると・・。

今回は震災の影響もあってスケジュールが押していたので、前期GTはあきらめていたのですが、よくやった!!

あと、ショップ大会諸々でも変化あり。抽選会を開いて、豪華(?)景品が手に入るそうな。

ストレイジはかなり好印象だったので、できればゲットしたいですね。

バンダイ、今回はかなりがんばりましたね~。大会のモチベが上がった方も多いのでは??

色々楽しみですね。

・・・おっと、その前にGTセミファイナルや。調整、調整っと・・・

ではでは~

ウィナーズ大会レポ

行って来ました。

参加人数:3人(これでも多い方ww)
試合形式:総当り

使用デッキ:白紫


1回戦:vs青単ユニコーン(多分)

1セット目;ゼロヒイロでGブーストからのサバーニャ。前のターンでガンキャノン(バリア)にはご退場いただいたので、サバーニャで焼け野原にしたら相手投了。

2セット目;相手ダム隊でビート。こちら白単事故。手札にダブルオーライザーがあったので、オーライザーを引けばワンチャン・・・と思って粘ってみましたが、間に合わずに投了。

3セット目;ゼロヒイロでGブーストして、最速でライザー&クアンタ。2、3回殴って勝ち。


2回戦:vs青赤ユニコーン

1セット目;相手ダム隊&ユニコーン。ユニコーンに部品ドロボウを撃ったら、相手はそれを読んでいたらしく、なんかどーでもいいカードが除外されましたww次のターンで普通にデスコーンされ、自分の手札にサバーニャが!!逆転の希望が見えなかったので、投了。

2セット目;お互い、出したいユニットは出揃う。だが、お互いに手が出せない状況。あちらはペーネロペー、ダム隊、ユニコーン(ジュドー搭乗)、キリマンジャロ。こちらはクアンタ(ヒイロ搭乗)、ライザー、オーライザー(レイ搭乗)。結局待ちゲーになり、そのまま時間切れ。


結果:2位??

なんか、優勝した方曰く、僕の2回戦は引き分け1点が入らない(僕が1本も勝ってない)そうで、オポで僕は2位なんだそうです・・・。

優勝者(青単ユニコーン):1勝1敗→勝ち点3
2位(自分):1勝1分→勝ち点3
3位(青赤ユニコーン):0勝1分→勝ち点0

・・・・勝利数だけ見るとなんか不毛だなあ・・・。まだ経験が薄くて、大会結果の算出方法とか詳しくないので・・。

反省点としては、デッキ速度を落とし過ぎたこと。ゼロヒイロのGブーストがほぼ必須だったので、ブースト謙信系のデッキにはおそらく歯がたたない。クアンタとサバーニャ両方入れたのは欲張りだったかなぁ・・。

次は別のデッキでいこう。

ではでは~。

ハンニバルぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!

運よくデュエマの大会に出られたので、以下レポを。

学校の多忙化や資格試験等、TCGとの両立が怪しかったけど、だんだんと効率化できるようになってきました。やっぱ慣れですね。ご心配をおかけしました(?)

友人の方々は、また大会に誘ってくれると嬉しいです。

ではでは気を取り直してレポ。

参加人数:16人くらい
大会形式:トーナメント1本勝負(通常構築)
使用デッキ:PS構築ディアボロスコントロール?


1回戦:vs赤青GENJI・XX

お子様でした。ポップルビン→コッコルピア→GENJI・XXという、この上ない理想パターンをきめられ、一気に瀕死状態。トリガーでアクアサーファーが出て助かりました。その後はディアボロス率いる物量作戦で勝ち。


2回戦:vsネクラ・グレイトフルライフ

身内。先攻ブーストで最速バイスホールを決め、相手のガンヴィートブラスターを引っこ抜きつつ、キル&アンタッチャブル。続けてガードホールでディアボロスを出すが、オルゼキア等で対処されかける。しかしこちらは運よくスペルデルフィンをドロー。相手をロックして、そのままディアボロス覚醒で勝ち。


3回戦:vs白青黒赤超次元コントロール

また身内。ブーストのある・なしがはっきりと表れる。速度的にこちらが断然優勢で、ディアボロスとキル&アンタッチャブルを並べる。一度は全滅するも、相手手札枯渇。今度はディアボロスとアンタッチャブル2体を並べて、両者覚醒で勝ち。


4回戦:vsネクラ超次元

相手のミストリエスをなかなか処理できない!てか超次元呪文を引かないw青銅の鎧、スカイソード等の物量を並べられ、〆のディアボロス。シールドに埋まっていたガードホールだけでは対処しきれなかった・・・。普通に押し切られて負け。


結果:2位

PS構築という縛りはありましたが、ブーストしてバイスホールとガードホールを数発撃てば、通常構築だって怖くない!!・・・というような寝言は、オロチギャラクシーと当たってから言いましょうww

感想としては、やっぱりディアボロス・マスターズになっているなぁと。これ1枚でボードコントロールができるので、それ以外をブースト&ハンデスにまわせるというのがインチキくさい。また、ディアボロスにメタを張ろうと思ってもなかなか厳しいのが現状。やはり、クリーチャーの対象にならないという効果が、バイスホールとの完璧なシナジーを形成し、一気にトップメタに押し上げたのでしょうね。
今のところは、黒、緑、白の3色ベース(ネクラ)に、人によっては青を足す、という構築が主流でしょうか。
エリア代表決定戦までにどこまで研究が進むか、楽しみですね。

ではでは今回はこの辺で~。

GTに向けて

やっぱGTは出たい。こんなチャンス、滅多に無いしな!

というわけで色々考えているところですが・・

もしも「雷鳴の使徒」までしか使えないのならある程度の環境は読めるはず。安定のライザー系デッキ、超速のディアゴデッキ、投棄ネロスデッキ、サバーニャデッキ・・・

挙げだしたらキリがないw

恐らくは、ライザー環境を読んでのサバーニャが流行ると思うのです。あるいはディアゴか。

どちらにせよ、ミラー戦も含めて速度勝負になるのは間違いないので、今まで以上に25弾ACEがカギを握りそうです。

僕はと言いますと・・・とりあえず色々組んでみて、実践してみないと流石にわからないですね。身内に調整に付き合ってもらうとします・・。

色々復活

ガンダムウォーもデュエマも、全国大会が再開されましたとさ。

「このときを待ってたZE!」という方もいれば、「中止だと思ってたのに・・またデッキ調整がorz」という方もいるでしょう。

最も問題となるのは「使用可能なカードプール」でしょうね。発売時期のラグがあるので、気になるところ。

デュエマは東京のみ39弾が使用可能で、京都はダメ。

ガンウォは友人が電話かけて聞いてくれたところによると、協議中らしい・・。

ヴァンガード

勢いは衰えることを知らず、ウナギのぼりだそうでww

前評判通り、かなりプレイングが勝敗に影響するので、上級プレイヤーのハートもつかめたところが売り上げに表れている、といったところでしょう。

高パワーによるビートが強いのは相変わらずなので、TCG初級者の方にも十二分にチャンスがあります。がんばりましょう!!・・・かくいう僕はやってないんですが(汗)

友人に、たまーにデッキを借りる程度。元々そんなに時間無いしなぁ。。。

↓続きはGWについてちょこっと


続きを読む

あれれ?

今日は、兄から「飲みにいこう」と誘われていたはずなんですが・・

今日になって何も連絡が無いという・・・。

都合が悪かったんかね。


今日はお疲れモードなのでこの程度で(汗)

それでも明日はやってくるのだw

超久しぶり

約2ヶ月ぶりの再会in神奈川。

みんな元気でした~。

そしてスキマ時間を見つけての、ひっさびさの大会参加。公認大会だったけど、参加者全員、和気あいあいとしていてとても楽しかったですよ~。

以下、レポ。

参加人数:6人
使用デッキ:赤紫ライザー


1回戦:vs黒緑ビートダウン(身内)

1セット目;ラジエルとGNフラッグでビートダウンするデッキ。シロッコの眼やギロチンの家系をバンバン撃たれて手札枯渇。かなりきつかったですが、なんとかダブルオーライザーにつなげて勝ち。

2セット目;相手2Gストップ。ライザークアンタで勝ち。

結果;○○-


2回戦:vs黒紫サバーニャ(身内)

1セット目;ラジエル&シロッコの眼という黄金パターンを決められる。その後もハンデス&ビートが続き、ユニットが何も出ずに終了。サバーニャなんて無かった!!

2セット目;先攻ガンまわり。クシャマリのGブーストで最速パターンを決め、転向でセファーラジエルをパクッた後にクアンタで押し切って勝ち。

3セット目;相手黒単事故。こちら普通のまわりでライザー&クアンタ。そろったところで相手投了。

結果;×○○


3回戦:vs青赤ユニコーン(身内)

1セット目;相手やたらと赤Gが多い。色々と指定が満たせないうちにこちらがライザーで攻めて勝ち。

2セット目;「ジオンの姫御子」で牽制をかける。相手がガンダム隊で出撃してきたところにライザー換装⇒キャノンバリア⇒故障でガンダムをロールしてライザーブロック。相手の部隊が崩れたところにライザーでたたみかけ。後半出てきたペーネロペーは奪われた獣で退場。ライザー2体目で押し切って勝ち。

結果;○○-


最終結果:優勝

身内以外の方が2人いらっしゃったのですが、2人とも緑紫00(ジンクス型)でした。やっぱみんな作るよね~。
いやはや、とても楽しいひとときでした!!

今日は・・

今日は神奈川に帰還する日でございます。

色々と準備があるので早めの更新。

地震後初めての帰還なので、自宅がどうなっているのかが一番心配ですね・・。派手に倒れるようなものは置いていないので大丈夫だと思うのですが・・・・。

友人一同は元気にやっているみたいなので一安心。

地震の被害に関しては、年単位計画で解決していかなければならないと思いますが、被災地の方々が一刻も早く元の生活に帰られることを願っております。
そして被災されなかった方々は、つまらない噂に踊らされず、今まで通りの生活を送ることを心がけましょう。

ではでは~。

オフィ更新

ガンウォのオフィ更新されましたね。


見返り美人のプルツーがタマラナイって方もいらっしゃるのでは??

「運命に翻弄されるもの」は、色々悪いことができそうなので、オススメですね。


最新弾「絶対戦力」は新能力「弩級」が加わるそうで、気になるところ。個人的には、リフターに乗ったジャスティスがツボ!!白デッキの新戦力になることを所望するっ!!!!

もちろん、映画で勇姿を見せてくれたハルートにも期待。高機動はつくとして、+αは何でしょうね??


来週からの更新も楽しみですね!

大胆な計画

ちょっと気になったのでw


「大胆な計画」
COMMAND
C-92 赤 1-2-1 R
展開 支配

ヴァリアブル(1)
(敵軍攻撃ステップ):配備エリアにいる敵軍ユニット1枚を、自軍配備エリアに移す。このターン、そのユニットは自軍効果の対象にならず、ターン終了時に敵軍配備エリアに移る。


超今更ですが、対象にならないのは「ユニット」のみ。以前考えた「青黒謙信ファラ」に対してこのカードを使うと・・・


ファラギンガナムのセットが成立した謙信を対象にプレイ

謙信で空出撃

ギンガナムのテキスト起動

ギンガナムとファラを捨て山へGO!!


ってことが可能だったり・・・。謙信は相手に返すことになりますが、それでも十分なアドバンテージ。単純計算、1体4交換をとっています(謙信の1パンチを防いでいるので、実際はそれ以上)。

さてさてこれは流石に致命的。対策としては、「戦いに戻る理由」で移動耐性をつけるのが最も無難でしょうか。しかし「謙信ガンダム」+「ファラ・グリフォン」+「戦いに戻る理由」の3枚セットが都合よく揃うんかねぇ・・・。ただでさえコンボデッキなのに・・・。

考えれば考えるほど、弱点が浮き彫りになる。そこを乗り越えたデッキのみに、栄光の権利が与えられるっ!!

たまにはデュエマの記事を

「このデビル・ディアボロス凄いよぉ!流石ディアスZのお兄さん!!」

まさにそんな感じ。ホントにこいつ一体で決着がついてしまうんだからねぇ・・・。

バイスホールとの相性の良さだって鬼レベル。先攻先撃ちされた日には・・・。

な~に、使われてイヤなら、自分も使えばいいんですよww

ただ、あれだけ騒がれていた「爆竜GENJI・XX」の前にいきなり大きな壁ができてしまったようで・・・。

環境が一本化されそうで怖いですね。ある程度は構わないにしても、黒歴史「ボルバル・マスターズ」の再来とならないことを願いましょう。


話変わりますけど、ウィナーズ大会が始まってますね。調べてみたところ、やはり環境は「白中」「青赤ユニコーン」「青白退艦許可」辺りに集中してますね。特に、赤が環境の中心になりにくいこの大会では「青白退艦許可」が相対的に強化されるので、みなさん「ゲリラの村」をサイドに忍ばせている御様子。まあ当然といえば当然ですが・・・。

久々にヴァイスの記事でも・・・

いつの間にか、トライアルデッキが2つも出ておりました。

「マクロスF」と「灼眼のシャナ」ですな。

どっちも特徴ある面白い構築ですが、気になったのは、今回新たに追加されたクライマックス。

今までは「全員+1000&ソウル+1」や「1体+2000&1ドロー」というものでしたが・・・

「全員+1000&1ドロー」

が登場。テンポアドバンテージを犠牲にして、場アドとハンドアドで有利にたてます。マクロスFには、このタイプのクライマックスと連動して、全員にソウル+1できるキャラがいるので、相性はいいですね。

どちらのタイトルも、熱血ファンを保有するロングセラーなので、サインカード等が高値で取引されそうですねww

エイプリルフ~ル~

「嘘を言おう」という意味ではないのだよ!!!(笑)

ではここで、「ウソ」に関するパラドックス的な問題をひとつ。題材としては結構有名なので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。


問、下記の条件を全て満たす自然数(0より大きい整数)をひとつ答えなさい。

①6の約数である

②4と6以外の偶数である。

③3より小さい

④1では無い

⑤ここに書かれた条件のうち、ひとつはウソである。


・・・さあどうでしょうか。迷わずに「2」と答えられた方は素晴らしい!

①~④の条件のうち、どれかひとつを「ウソ」として扱うと、矛盾が生じることにお気づきでしょうか。例えば③を「ウソ」として扱ってみましょう。すると「3以上」という条件に変わるわけですが、①②④の3つから導き出される数字は2しかないため、「3以上」を満たしません。

・・・もうおわかりですね??「ウソ」というのが「ウソ」なのです。

つまり、⑤がウソとなり、「①~⑤の条件は全て正しい」ということになり、①~④より「2」という答えが導き出されるわけですが・・・

①~⑤の条件が正しいなら、「⑤が正しい」⇒「結局は条件どれかひとつがウソになるんじゃね??」

という当然の疑問が。でもちょっと待って。そこでくじけずに、「⑤が正しくて条件どれかひとつがウソになるというのなら、またまた⑤をウソだと思い込む」のです(ややこしい!)。すると・・・

「⑤がウソ」⇒「じゃあ元々の⑤は正しくなって、結局は条件ひとつがウソ」⇒「では⑤がウソだっ!」⇒「じゃあやっぱり元々の⑤が正しくてひとつがウソ・・・」⇒「だからウソなのは⑤なんだってば。」

という、理論の無限ループが生じます。まるでメビウスの輪の上を走っているかのよう・・・。

「ウソのウソはホント」という、独特の理論からくるちょっと面白く、そしてちょっと難しいテーマですね。


今回初めて耳にされる方は、楽しんでいただけましたでしょうか?!今回はここまで!
プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。