スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白単PSビートダウン

新弾発売直後ということで、とりあえず新カードにスポットライトを当ててみようという考えで組んだデッキです。テーマデッキに分類される一点突破型ですが、非常に爽快なデッキですのでオススメです。まずはレシピをご覧下さい。


(ACE)
3ジャスティスガンダム&アスラン

(ユニット)
3リーオー
3デュエルガンダム
3ストライクガンダム
3エールストライクガンダム
3ランチャーストライクガンダム
2ソードストライクガンダム
3デュエルガンダム(アサルトシュラウド)
2フリーダムガンダム
3ウイングガンダムゼロ(ネオバード形態)

(コマンド)
3共に戦う仲間
2アグニ
1バスターライフル
3行き過ぎた悪態
3中東国の支援
2舞い降りる剣

(キャラ)
3ラクス・クライン
3イザーク・ジュール

(グラフィック)
2SEED



基本は1弾環境から存在した戦法である、「『デュエルガンダム』と『ストライクガンダム』のゲインを利用したビートダウン」です。新弾でこの戦法と相性の良いカードがいくつか登場したので、それらも含めてこのデッキの目新しいカードを1枚ずつご紹介します。

「ラクス・クライン」
ステイ&ゲイン&供給を持ち、ゲインが成功するとその修正を更に別のユニットに加えることができます(つまり実質2倍)。供給を持った白のキャラは初登場で、このキャラをPS装甲ユニットにセットすることで、そのユニット(部隊ごと)は手札に返らなくなります。基本的にはユニットにセットすればよいのですが、相手が黒の場合はステイで配備に出す方が色々便利なので、その柔軟性も強みですね。

「フリーダムガンダム」
デカイです。高機動です。ぶっちゃけそれだけなんですが、Gサイン「SEED」が3枚あればPS装甲で手札に返らないので場持ちが良い点を評価。実際、コレを引いて殴って勝った!という状況は結構ありそうです。

「デュエルガンダム(アサルトシュラウド)」
待ちに待った「デュエルガンダム」の改装先です。ゲインを失いましたが強襲はそのままで、戦闘値が4/3/6になりました。この耐久6が非常に強く、上記の「ラクス・クライン」と組み合わせることでかなり場持ちの良いユニットになります。格闘が4と少々低いのですが射撃が3あるので、「デュエルガンダム」の後ろに付いて行くのが良さそうですね。もう一つのテキストとしてロール2毎に、自身と交戦中のユニットに2ダメージを与えることができるので、強襲と相性が良いですね。このダメージテキスト、宣言時に白以外の自軍国力が発生していれば3ダメージに変更されます。手札に余ったACEをGにすれば紫発生で条件クリアですが、「ジャスティスガンダム&アスラン」は自爆テキストを持っているので、2枚目は手札に温存したいところ。ではどうするか??それが今弾の目玉カード、「共に戦う仲間」ですね。

「共に戦う仲間」
新ユニークです。Gになっているとき宣言するだけで、フェイズ終了時まで他の自軍G1枚が発生する国力を青、緑、黒、赤、白のどれかに変更できます。ここで白以外の色に変更することで、上記の「デュエルガンダム(アサルトシュラウド)」の条件をクリアできます。また、このユニークはコマンドとして使用すると、ユニット1体に+4+4+4できます。ものすごく強いですね(笑)。打点重視の白単ビートダウンとは好相性です。

「舞い降りる剣」
戦闘フェイズ中なら何でもカウンターできるコマンド。結構強い対策カードですが、このデッキは戦闘フェイズ中のロールコストにそこまで余裕は無いので、メインは1枚程度でいいと思います。今回はテーマデッキということでサービスです(笑)。何をカウンターするかですが、強力なコンバットトリックである「伝説の救世主」、ターンを実質的に奪われる「超兵の力」、クイックで出てくる「シャア専用ザクⅡ」等が候補に挙がります。また、「ラクス・クライン」を最優先で守らなければならないので、「忘れえぬ惨劇」はできればカウンターしたいですね。

「バスターライフル」
プレイ時の国力以下の耐久を持つ敵軍ユニットを破壊するコマンド。対象は交戦中限定ですが、白以外の自軍Gがあれば非交戦中も対象にとれます。例によって「共に戦う仲間」で条件クリアですが、上述した通りこのデッキは戦闘フェイズ中にロールコスト枯渇なので、期待値的に確実に仕事ができる「アグニ」を優先的に採用します。弱いカードでは無いのでワンチャンスかけてメインに1枚投入。


・デッキの動かし方
序盤は「デュエルガンダム」「ストライクガンダム」のゲインを利用してビートダウン。後半は、片面を「エールストライクガンダム」「ウイングガンダムゼロ(ネオバード形態)」で高機動部隊、もう片面を「デュエルガンダム」「デュエルガンダム(アサルトシュラウド)」で強襲部隊、という構図を狙いましょう。「ラクス・クライン」の登場でゲインの打点が強化されたので、それを利用して中盤に致死量を与えておけば、後半はダメ押し程度の打点で勝てます。その際に高機動や強襲は理想的です。

・注意すること
とにかく攻めましょう。現状の白のカードプールでは、敵軍ターンに十分に動ける(対策できる)カードが揃っていないので、守りに入ったら負けます。幸い、総合的な打点に関しては他のどの色よりも一枚上手ですので、「常に相手より1点多く本国ダメージを与える」という考えで動けば結構勝てます。


解説は以上です。今弾の白には他にも、「ガンダムデスサイズ(EW)」等の優秀なカードが多いので、様々なデッキ(白緑とか)が考案できると思います。色々試してみたいですね。

ではでは~

スポンサーサイト

先行公開カード考察

さて、前回同様気になったものをいくつか。。。


「ラクス・クライン」
白に、供給持ちのキャラが出たのは大きいですね。PS装甲に乗せれば場にユニットが残ります。ゲインの効果を実質倍に出来るのも大きな強みで、Gサイン「SEED」で固めた素直なビートダウンデッキなどが、大会で見かけられるのではないでしょうか?

「キシリア・ザビ」
1年後が楽しみなカード。カードプールの拡大に応じて様々なコンボデッキが考案される気がします。現状では、本国1枚を犠牲に、擬似的にロールコストを復活させるというもの。わざわざデッキに入れる必要は無さそうです。まあ「ラクス・クライン」同様、緑では初の供給持ちのキャラであるため、その為だけに入れるのも・・・?

「グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」
戦闘フェイズ中ならいつでもゲインを使える(ただし、戦闘エリアにいる必要あり)戦闘配備持ちのユニット。本国を身代わりに、戦闘ダメージを受けつけないテキスト自体は結構強力で、速攻持ちのユニットを一方狩りできる辺りは魅力的なのですが、耐久値が低く、せっかくのゲインもあまり意味を成すことなく焼かれてしまうことが多そうです。そうなってくると、3国帯は他のユニット(リゼルなど)に任せるのが安定となりますね。

「予見」
未来を操作できる紫のコマンド。手札1枚を犠牲に、次のドローの質を上げることができます。決して悪い効果ではなく、ゲインを狙えることもあって、手札を1枚使う価値は十分あると思います。ですが紫単デッキは「ゲインはほぼ成功する」という前提でのプレイが可能な上、強力なユニットは共有でサーチできるため、あくまでも紫単では使われないカードなのかなぁと思います。ロールコストが1と軽く、他色でも払うことが現実的に可能ですので、紫以外のデッキで使用されそうなカードですね。

「コアファイター」
単体の戦闘値は、お世辞にも高いとは言えないユニット。ガンダムチップを生み出す効果も、わざわざやる必要はほぼ皆無。このユニットの真価は、「クイック」&「改装(ガンダム系)」にあります。手札1枚を犠牲に、「ガンダム」をいきなり出撃させる効果は非常に奇襲性が高く、場合によっては勝負を決める一撃にもなりそうです。ですが、現在発売されている「ガンダム系」4種はどれも大会で通用するほどのものでは無いので、このカードは未だ「眠れる獅子」といったところ。後に強い「ガンダム系」が登場すれば、花開く1枚になるでしょう。

「砕かれたプライド」
他のカードと組み合わせることで強大な効果を発揮しそうなカード。単体では、ユニット1体すら焼けません。「ガンダムデュナメストルペード」などと併用することで、どれだけ大きなユニットでも焼けます。そういった意味では強いカードなのですが、単体では仕事ができない性質上、トップで引いてもそれほど劣勢を打破できない点は、注意が必要です。


以上です~。エキスパンションブースター1弾、発売まで1週間を切っております!非常に楽しみですね。

ではでは。



先行公開カードまとめて

ここ数日で公開されたカードの中で気になったものを。。。


・ミリシャ増強
戦闘力1/1/1のチップを2個出すコマンド。一見地味ですが、片面2回分の攻撃を防げるのは結構強力で、細かい殴り合いがメインのネグザにおいては「後々響いてくる効果」です。元々の攻めが強い茶色としては、この地味な防御が加わっただけでかなりの強化がされるでしょう。メインから1,2枚積んでみたいですね。


・フリーダムガンダム
ついに公開されました!何と言っても絵がカッコイイですね!注目のテキストは非常にシンプルなもので、高機動+範囲兵器という2段構え。また、PS装甲(3)のような効果を持っており、Gサイン「SEED」のGが3枚以上あれば(ロール状態でもOK)、PS装甲の効果で手札に返りません。打点で言えば2ターン早く殴れる上にアンタッチャブル持ちの「エールストライク」の方が理に適っていますし、単体の戦闘力(交戦含む)なら「ウイングガンダムゼロ」に軍配が上がるでしょう。そういった意味で立ち位置が危ういカードではありますが、じゃあ弱いかと言うと話は別。ロールコストが3なので、既存の白単ビート(デュエル、ストライク中心)に入れてゲインで捲ったり、射撃が4なのでエールやウイングゼロの後ろから付いていったりと、運用方法は色々あります。実際に使ってみて強さがわかりそうな1枚ですね。


・脳量子波の干渉
つ・・・つえぇ・・・。青赤のデュアルカードは色々と自重しないことで有名ですが、今回もやってくれました。少々性質の異なる「木星圏からの出発」ですね。序盤の本国ダメを防ぐことは勿論、「攻撃に出撃しているとき~」等の効果は問題なく起動できるので、「ユニコーンガンダム」のドローテキストを安全に解決するのにも向いています。効果の性質上、ほぼ刺さらないデッキタイプも存在するので、サイドからの運用となるでしょうか??


以上です。「ACCEL OF NEXT AGE」の発売までもう少しですね。今回はどこの店も、予約の段階で相当な販売量のようですので、「ガンダムウォーの波」なるものが来るのでしょうか?楽しみですね。

ではでは~。

・・・ユリンってパラレルあるんや・・・ブツブツ・・・

デュエマ新殿堂発表!

デュエマの記事は、殿堂発表についてくらいしか書くスキルを持たない自分ではありますが、そんなことは置いておいて。。。


デュエマの最新殿堂レギュレーションが発表されました。施行は3月15日からとのこと。今回は、プレミアム殿堂が3種、殿堂が1種でした。


・プレミアム殿堂
エンペラーキリコ
母なる紋章
邪神Mロマノフ


・殿堂
カラフルダンス


では1枚ずつコメント的なものを。。。


・エンペラーキリコ
適切な判断だと思います。「ほぼノーコストで場にクリーチャーを3体並べる」という効果は汎用性の塊であり、過去にプレミアム殿堂となった「インフェルノゲート」同様、「カードプールの拡大に比例して強化される効果」でした。各種コンボデッキの中核を担うカードでもあり、「ビクトリー1」の開催期間中は、「ザビ・ミラ」からの「ヴォルグ・サンダー」を並べるデッキアウトコンボで世間を騒がせました。

・母なる紋章
これも、適切な判断でしょう。「母なる大地」に続く「母なる」シリーズ2枚目のカードであり、文明制限はあるものの、マナゾーンからかなり自由度高くクリーチャーを呼び出せた(交換できた)カードです。レインボーカードが増えてからは、構築時にちょっと気をつければ、文明制限が邪魔になることは無かったでしょう。進化カードを呼び出すことも可能で、上記のエンペラーキリコ等がよくお世話になっていました。

・邪神Mロマノフ
これも予想通りでしたね。長きに渡って速攻を速攻たらしめた張本人であり、このカードの存在により、速攻はトップメタに居座り続けることに。1枚制限になった後も「進化の化身」でリカバリーしたタイプが環境に残り続け、その安定した(パンチ力のある)速さは、「これならエンペラーキリコに勝てる」と言われたほど。史上このカードにしかない「マッドデッキ進化」という、桁外に容易な進化が強すぎたのでしょう。

・カラフルダンス
恐らく、現状では「?」といった印象が世間では一般的でしょう。効果は非常に強いのですが、対処不能な強さを持っているわけではありません。・・・となると、3ヵ月~6ヶ月後くらいには、このカードが猛威をふるう環境になっているということでしょうか??


以上です~。個人的には、「サイバーNワールド」が殿堂入りすると思ってました(汗)。「カラフルダンス」が制限入りしたところを見ると、これから墓地利用系のデッキが更に強化されるということなのでしょうか??ブツブツ

ではでは。


EX01収録カード続々公開&カードゲーマーvol.2

ちょい忙しくなってきたので色々まとめて・・・


2週間ほど前から公式サイトにて、「EX01 ~ACCEL OF NEXT AGE~」の収録カードが先行公開されています。その中でいくつか、気になったものをピックアップ。

「マスターガンダム」
MFらしい、戦闘特化の強力なユニット。6国で戦闘値7/0/7、戦闘配備に加えて強襲持ちと至れり尽くせり。更には交戦中のキャラなしのユニットは格闘値が※に。1対1の勝負ではなかなか負けないデザインとなっていますが、「チボデー・クロケット」をセットすることで磐石の構えに。発売後は、大会でもよく見かけるユニットになると思います。

「ミゲル・アイマン」
強いというか、ルール的に気になったテキスト。既に多くのところで話題になって「今更」ですが、ミゲルが速攻で敵軍部隊(非速攻)を一方破壊しても、「ガードレベル」を起動されただけでミゲルが戦闘ダメージを受けて破壊されるのでは??という疑問があります。これは、
  「ガードレベル」で上げるのは「ユニットの戦闘値」ではなく、「部隊戦闘力」である
という点が絡んでいると思われます。つまり、例えば敵軍部隊がユニット1枚で構成されているとして・・・ミゲルが速攻で交戦相手を一方破壊→交戦相手の戦闘力が※/※/0に→この時点で「敵軍部隊の戦闘力」は「※」ではなく「0」→ガードレベルの修正を受けて部隊戦闘力は1→ミゲルが1ダメージを受けて破壊・・・という解釈ですね。少々ややこしいですが、ガードレベルのルールが「部隊解散まで」となっており、その「解散」がいつなのかがルールブックに明記されていないことがこの疑問を複雑にしています。裁定次第ではこのカードの評価が大きく変わることとなると思いますので、今後に注目ですね。

「AEUイナクト(デモカラー)」
いい感じにデュアル強化を受けたユニット。序盤の布石としては優秀の一言に尽きます。3国+cipドローユニットは3/1/3のロールインと相場が決まっています(1弾現在)が、こいつは同戦闘力に戦闘配備が付加されているだけでなく、ダメ判時に破壊状態だとコストを支払って手札に返るというオマケ付き。戦闘ダメによる破壊である必要はないので、「赤い彗星」でもOK。いや~、お強い。ぶっちゃけ、手札に返るテキストは滅多に起動しないと思うのですが、十分な牽制となります。今後の赤緑の基本ユニットとして活躍してくれそうですね。

「ザンネック」
黒のエースユニットになりそうな予感。6国で6/3/6&戦闘配備&強襲という優秀なスペックに加え、自身か「ファラグリフォン」が場に出たターンは、戦闘ダメージを与えればG以外の敵軍カードを破壊という、単純明快かつ強力なテキスト。セットカードがセットされていないという縛りはありますが、それでも十分な制圧力。このテキストを最大限に活かすなら、やはり何度も起動させたいところ。自身を手札に戻したり破壊するのは現在のカードプールでは限界がある&コスパが悪いので、「ファラグリフォン」を効率よく手札に返すなり破壊するなりしたいですよね。破壊するなら「ジャマイカン」、手札に戻すならセット先を「ギャプラン」にするといいでしょう。「ファラ」が「ザンネック」に乗る必要はないのでそこだけ注意。


公式サイト公開カードについてはこのくらいで。お次は、1月31日に発売された「カードゲーマーvol.2」で公開された収録カードについて・・・。


「白い狼」
紫に待望のアンタッチャブルカード。これでまた紫単が強化されました。他色で使ってもロール2なので、青以外なら余裕で採用レベルだと思います。

「バスターライフル」
アグニに続く、白の優秀なコンバットトリック。テキストを最大限に活かすなら多色での使用が望ましいですが、単色でも十分な効果が期待できます。一番ラクなのは、白単で2枚目以降の「ジャスティス&アスラン」をGにして条件を満たすことですね。

「世間知らず」
今までの公開カードの中でも、(個人的には)トップレベルに汎用性が高いカード。対象の取り方とタイミングが非常に幅広く、想像以上に使い道が多いです。当分の間は、赤系のデッキに3積みされてもおかしくない1枚だと思います。例えば相手の場に供給持ちのユニットさえいなければ、敵軍「ザンネック」に使用することでテキストの起動を防げますね。勿論、普通にコンバットトリックとしても。


こんなところですかね。発売が待ち遠しいですね!!

ではでは~



プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。