スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開カード色々

結構間があいてしまっているので、気になるものを選んでレビュー。。。


「ファルシア」
確定ハンデスは、まだ早かったと思います(笑)ネグザで手札1枚を縛るのは言うまでも無く強力な効果ですし、それなりのサイズのユニットが場に残るというのも強いですね。先攻ファルシアゲーにならないことを祈ります。

「イワーク・ブライア」
強いられ系テキスト。敵軍ユニットのプレイに追加コストを払わせます。出すのが序盤であればあるほど強力なので、このコストの軽さは嬉しいところ。・・・紫が本気を出してきた????

「Zガンダム」
皆様お待ちかねのZガンダム。ネグザにおける回復テキスト持ちは「ガンダムAGE1ノーマル」、「レコンキスタ」、「資源採掘」に次いで4枚目(「資源採掘」を回復と呼ぶかどうかは微妙なところですが)。過去3枚の回復カードと比べても、「Zガンダム」の回復テキストは非常に強力。ユニット単体の性能を見ても、5/1/5+高機動+ゲインと、至れり尽くせり。これからの青の主力になってくれることでしょう。

「キュベレイMk-Ⅱ(プル機)」
コスト、戦闘力が「Rジャジャ」や「ドライセン」と同じであるのに加え、サイコミュ(3)を持っているのがお強い。赤の4ターン目の選択肢としては申し分ないレベルです。赤単であれば、4ターン目に「グレミートト」が乗ることで戦略の幅が広がりますし、「ハマーンカーン」が乗っても戦況がかなり有利に進みます。・・・「ドライセン」は、もう・・・・・・・www

「胸のときめき」
書いてあることが強い。とにかく強い。低コストで実質2ドローでき、タイミングが常時です。相手にも1枚渡すというデメリットがありますが、選ぶのはこちらなので許容範囲でしょう。ロールコストが1なので、タッチでも十分使えると思います。

「ビット」
随分と小回りのきく焼きが出ましたね。焼きの数値は2なので単体での運用は難しいですが、サイコミュと併用したり、速攻持ちのユニットを合わせたりと、組み合わせ次第で期待値以上の効果を発揮してくれそうです。ターン終了時の1ドローが地味に強いですね。手札が腐りきっているときは、手札入れ替えの為だけに撃つのもアリだと思います。

「トロワ・バートン」
カードプールの拡大に伴って壊れていきそうなカード。Gを全て起こすという常識破りな効果は、今後あらゆるコンボデッキで使われていくことでしょう・・・。勿論、普通に使っても十分に強いカードです。基本的には相手のターンで使っていくという戦法が無難でしょうね。同日公開の「ガンダムヘビーアームズ(EW)」とのシナジーも優秀。

とりあえず以上です。。。ではでは~










スポンサーサイト

mixi杯レポ 

mixi杯なるものに参加させていただきました。以下、レポです。。


参加人数:20人ちょっと

使用デッキ:赤単


1回戦:黒赤緑(ししゃもさん)
相手の「バウ」+「ファラグリフォン」の単純なデカさが処理できずに、こちらは「シナンジュ」を立てての睨み合い。睨み合ったまま時間切れ。中盤、長考をしてしまって、ししゃもさんには申し訳ないことをしました。。。
-


2回戦:茶赤
Gガンのユニットパワーに赤のコントロールを加えたタイプ。「Rジャジャ」+「グレミートト」のセットが決まって、ダメージレースで優位に立ったまま押し切り勝ち。「マスターガンダム」を「グレミートト」で遅らせることができたのが大きかったですね。



3回戦:白単
とりあえず「リーオー」からのスタートをされなくて一安心。「リフレクタービット」で遅延して「キュベレイ」+「ハマーンカーン」のセットが着地して制圧。そのまま押し切りました。



4回戦:赤青(赤いシカさん)
1セット目。「Rジャジャ」と「キュベレイ」のゲインで1回ずつグラフィックがめくれて押し切りました。
2セット目。相手ユニットの指定が重めだったので、サイドから投入した「無能な仕官」が大活躍。ユニットのプレイを遅らせつつ「Rジャジャ」+「フルフロンタル」のセットで押し切り勝ち。
○○-


最終戦:青黒緑(ぶーたんさん)
1セット目。初手に武力介入があったので相手の「グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」を処理して、ダメージレースで追いつく。中盤の「ザンネック」を「無能な仕官」でカウンターできたのが大きく、ダメージレース勝ち。
2セット目。「キュベレイ」+「ハマーンカーン」のセットが着地できました。相手に「セブンソード」を「比類なき力」でカウンターできたのが強かったです。全体的に引きが神でしたね。
○○-



最終結果:優勝(勝ち点15)

優勝しました!正直言って、「引き」に色々助けられましたね・・・。

非常に楽しい大会でした。参加者及び運営の方々、お疲れ様でした!

ではでは~

公開カード色々・・・

ちょっと間があいてしまいましたので、最近の公開カードの中から気になるものをいくつかピックアップしてレビューしたいと思います。。。どのカードもワンチャンスあるので選定は難しいところではありますがw


「アストレイレッドフレーム」
これは強いと思います。攻めで使うよりは、防御に使うのが良さそうです。今まで防御にまわることの少なかった白単に低コストの緊急ブロッカーが出たので、相対的な打点レースの強化になります。4/1/4という戦闘力も優秀ですね。GサインがSEEDというのは少々驚きました。これはSEED DESTINYのカードも同じGサインかも・・・?


「ディアナ降臨」
効果は旧ガンダムウォーの「宝物没収」と同じく、捨て山から2ドローするというもの。捨て山がないと撃てませんが、現環境は殴りあうデッキが主なので、ほぼ問題なく撃てるでしょう。とにかく使用できるタイミングが(常時)なのが強く、本国ダメージを通した敵軍ターンの帰還ステップにでも「余ったG」で撃つことができる場合が多いので、実質コスト無しで撃っているような感覚ですね。


「ガンダムAGE-2ダブルバレット」
さながら昔の「ダブルオーライザー」を思わせるユニット。エリアを選んでの焼きを飛ばすことができます。能力でグラフィックがめくれたときはロールコスト0の扱いになってしまうそうなので、現状の紫単への採用は厳しそうですね。専用構築にするか、素直に赤緑に入れたほうがいいかもしれません。戦闘配備が無いのはご愛嬌ということで・・・。


「クシャトリヤ」
サイズが大きい上に、サイコミュ持ちでその値は「NT」がセットされていれば5に。防御ステップでの5点焼きは、ほとんどのユニットを落とすことが可能なので、本国に打点を通しやすくなります。これだけのスペックを持ちながら、ロールコスト2で出せるという謎。キャラが乗らなければバニラと化すわけですが、耐久が6あるので非常に場持ちがいいです。「ハマーンカーン」をセットすれば、ヘブンが見えますww


「ガンダムスローネツヴァイ」
5/2/5という信頼できるサイズに加え、交戦中のユニットにダメージを与えつつ、更には本国にまでダメージを与えるという素晴らしいユニット。ロールインなのが少々気になりますが、テキスト自体は非常に強力なのでバランスはとれていると思います。自軍敵軍の両ターンでテキスト使用可能なので、「世間知らず」を握っていれば、かなりのプレッシャーです。


こんなところですかね・・・?公開カードを見るだけでも組みたいデッキが2,3考えられてしまうので、2弾の発売が非常に楽しみです。ではでは~


今日の公開カード~

今日は「ザクⅡ(ドズル専用機)」と「ドズル・ザビ」の2種。


「ザクⅡ(ドズル専用機)」
私は緑ウィニーというデッキを組んだことが無いので説得力に欠けますが、焼きに乏しいデッキ相手なら、なかなか強いと思います。下記の「ドズル・ザビ」が格闘修正3を持っていますので、ハマれば白単を超える打点が出せます。「ザクⅡ(ドズル専用機)」→(出撃で3点)→「ザクレロ」・「ドズル・ザビ」→(両面出撃、テキスト起動で14点)というロマンチックな流れもありますので、ワンチャンスあるかもしれません。ただ個人的には、「敵軍本国を削る」という目的で動くなら、総合力では「ガラ」の方が上だと思います。あくまで個人的な意見です~


「ドズル・ザビ」
非常に攻撃特化なキャラ。格闘修正3に加えて強襲を付加できるので、ダメージのゴリ押しができます。コストも重いわけではないので、序盤~終盤まで活躍できると思います。国力やタイミング的には、「シャア専用ゲルググ」に乗せると素直に強そうですね。ただ、緑メインのデッキでは「ノリス・パッカード」を乗せた方が強い状況が多いため、混色での運用も視野に入れると良いかもしれません。


以上です~。明日は何色かな??



今日の公開カード

今日公開されたカードは、「ハンマ・ハンマ」と「感情の暴走」の2種。

「ハンマ・ハンマ」
敵軍Gも対象に取れるのはいいですね。多くの場合、敵軍ターンは手札のカードがプレイできるギリギリの国力で構えることが多いので、その計算を崩すことが出来るのは大きな利点だと思います。また、「ランチャーストライク」等のシステムユニットを1ターン封じることが出来るのも見逃せませんね。ただ、ユニットとしての戦力はあと一歩といったところでしょうか?4ターン目の選択肢としては厳しいものがあります。今後の何かしらのシナジー等に期待ですね。

「感情の暴走」
テキストの起動に2,3ロール以上のコストを要求されるカードや、コストに色指定のあるテキストを持つカードに刺さりそうなカード。「シナンジュ&フロンタル」や「エールストライクガンダム」等に撃てば、状況によっては戦況がひっくり返りそうですね。一応、「ウイングガンダム(EW)」のテキストに合わせれば、手札1枚と引き換えに自軍カードを守ることもできます。「ロックオン・ストラトス」や「ザンネック」等の自動テキストは無効に出来ないので、そこだけご注意を・・・。

以上です~。


新弾公開カードレビュー

公式サイトにて、ブースター第2弾「刻の鼓動」、トライアルスターター2種「英雄の再会」「木星帰りの男」の収録カードが順次公開されています。可能な限り、レビューを書いていきたいと思います。

「百式」
コストとテキストのバランスがとれた、良いカードだと思います。ロールコストを使用せずにパンプできる点はかなり便利ですね。Gサイン「Z」には優秀なカードが多いことに加え、4ターン目の選択肢が増えたので、青を絡めたデッキに注目が集まるかもしれません。

「クワトロ・バジーナ」
4国1ロールで修正値2/2/2&NTというだけでそれなりの需要があると思うのですが、Gサイン「Z」の全ユニットをゾンビ化するテキストも地味に強力。青のロールコストにどれだけの余裕を持たせることができるか、というのが気になるところですね。

「ハプテマス・シロッコ」
修正値3/3/3に加えて戦闘エリアにいる全ての敵軍ユニットに-1/-1/-1修正を与えるので、サイズではほぼ負けなくなります。相手の部隊が多いほど効果が増大するタイプのテキストですね。仙台大会で公開された「メッサーラ」と併用しても普通に強いですし、黒緑などで使用するのも面白いかもしれません。

「木星帰りの男」
攻守の両方で活躍する良カード。とりあえず上記の「ハプテマス・シロッコ」と併用で確殺です。その他、「あと一押しで勝てる」というときに強襲とかみ合わせても便利ですし、使い道は色々。また、「ガンダムヴァーチェフィジカル」等の範囲兵器も、随分と撃ちやすくなりますね。


以上です。現状を見る限りは、前弾から更にカードパワーが上がっているように思えますね。これが氷山の一角に過ぎないのか、或いはその逆なのかは、明日以降の公開カードを見て・・・ということなのでしょう。楽しみですね~。

ではでは~


ネグザフォーマット大会レポ

行ってきました。1、2回戦が1本勝負、以降は2本先取です。

参加人数:18人
使用デッキ:白単SEED


1回戦:vs白単SEED
後攻でした。序盤から「ストライクガンダム」&「ソードストライクガンダム」の猛攻。「アグニ」を合わせるも、半ば当然のように「共に戦う仲間」で回避され状況悪化。一気に本国差をつけられましたが、「フリーダムガンダム」と「エールストライクガンダム」で守りを固めてから、「ランチャーストライクガンダム」を立て、「デュエルガンダム」の速攻&強襲を活かしてパンチ。徐々に本国差を縮めて勝ちました。ACEを引けたのが強かったです。



2回戦:vs紫単共有AGE、
後攻でした。先攻をとられて失ったテンポを、取り返して勝つしか無いと思ったので、「行き過ぎた悪態」を2回使って「ガンダムAGE-1ノーマル」の足を引っ張り、ある程度の本国差をつけた後は「エールストライクガンダム」と「フリーダムガンダム」の高機動コンビで押し切りました。



3回戦:vs黒赤ザンネック(ししゃもさん)
昨日知り合ったししゃもさんとの対戦。
1本目。先攻でした。4国帯のユニット勢でビートダウン。相手の「武力介入」は「舞い降りる剣」を合わせて回避。中盤に「エールストライクガンダム」の打点が通ることが確定した後に「共に戦う仲間」を2発撃って相手の本国を3枚に。そのまま逃げ切りました。
2本目。後攻スタートで焦ってしまったのがいけなかったです。少々強引な攻めをしてしまい、ロールコストが枯渇したところに相手の「ザンネック」着地。一気に場を崩され、持ち直せずに負け。プレミの連発でした。
3本目。先の焦りを反省して、落ち着いてじっくり考えながらのプレイ。デッキタイプ的にはデュエルガンダム系列の方が刺さると判断したので、そちらを優先。ゲイン&強襲(速攻)の戦法が功を奏し、本国をじわじわと追い詰めて、最後にグラフィックが捲れて(!)勝ちました。
○×○


4回戦(決勝戦):vs赤緑(赤服さん)
前日からのフリプの延長戦。
1本目。後攻でした。赤緑に対しての主力であるデュエルガンダム系列を「リフレクタービット」でピンポイントに打ち消され、「反政府組織」まで立ち、最早ゲイン戦法が意味を成さないレベル。「ラクス・クライン」が出ましたが、ストライク系列ではどうにも突破することができず、負け。
2本目。先攻をもらいましたが・・・「無能な士官」や「リフレクタービット」のオンパレード。おそらく、まともにプレイできたユニットは「アークエンジェル」くらい。それすら「スナイパーライフル」に狙い撃たれ・・・その後は「シナンジュ」による公開処刑。そのまんまの意味で「何もできない試合」でしたww
××-


最終順位:4位(10点)

最終戦がタテ負けだったので、ポイントが下がって4位落ち。今日は、「ものは試し」ということで「リーオー」をメインから全抜きし、「舞い降りる剣」を3枚フル投入した、若干受身よりの構築で参加しました。4国1ロールのユニットが耐久4なので、「武力介入」や「赤い彗星」から守る為に投入しましたが・・・正直、タイミングをかなり選ぶので、「リーオー」で総合的な打点を優先した方が強いなぁと思いました。なので、「舞い降りる剣」は何枚かサイドに飛ばして、相手のデッキを見極めてからの投入が吉のようです。

ではでは~。

相互リンク

久々に相互リンクをさせていただきました。


赤服さんの、「赤服のガンダムウォーネグザ」です!


ツイッターでお声をかけていただいてから、大会やフリプ等でお相手をしていただいている赤服さんですが、個人主催大会やニコ生などでご存知の方も多いと思います。

ネグザの考察等、非常に参考になる記事を書いていらっしゃいますので、プレイヤーの方は一度覗いてみて下さい。

赤服さん、今後とも宜しくお願い致します。。。
プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。