スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネグザフォーマット大会レポ

公認大会に出てきました。とはいっても、参加者全員が身内という事態に(笑)


参加人数:5人

使用デッキ:赤タッチ青


1回戦:青赤(赤服さん)
後攻スタートでしたが、「ミネバラオザビ」で疑似的に先攻を取り返し、「キュベレイ」と「ガンダムキュリオス(トランザム)」を並べて攻勢に。相手も「ガンダムキュリオス(トランザム)」が2体並んでいましたが、「ガザC(ハマーン機)」のコインを利用して片方を討ち取った後、もう片方をキュリオス同士の相打ちに持ち込み、こちらの「バウ」のみが戦場を駆け抜ける状態に。「ハマーンカーン」で相手のユニットに蓋をして勝ちました。



2回戦:白単ウイング(しぇりこさん)
「セッション」→「マグアナック」&「オリファント」→「ガンダムサンドロック」の流れを決められ、タコ殴り状態。こちらは「バウ」のみだったのですが、相手の「オリファント」をGセットする際に「ハマーンカーン」でカウンターすればまだワンチャンスあったものを、見逃すという最大のプレミ。結局サイズで完全に制圧され、そのまま押し切られました。
×


ここで階段が崩れて終了。最終順位は2位でした。


んー、細かいプレイの甘さが出ました。こういった経験を糧に、一歩ずつプレイスキルを上げていきたいですね。

ではでは~

スポンサーサイト

ネグザブードラレポ

普段はブードラというものを全くやらないのですが、オフィの景品がアレなので、参加してきました!


参加人数:4人

使用デッキ「緑赤黒」

(UNIT)
2アクトザク
2ザクⅠ
1マゼラアタック
1アッザム
1グフカスタム
1リックドム
1アプサラスⅠ
1AEUイナクト(デモカラー)
1エンドラ
1ジュアッグ
1ズサ
1グワダン
1ガブスレイ
1アグリッサ

(COMMAND)
1集結地点
1意識の同調
1ファンネル
1謀殺劇

(CHARACTER)
1ガデム
1カラハン
1トムラ
1ロスヴァイセ

(OPERATION)
1アッザムリーダー
1捕虜の処遇
1KPSA

(GRAPHIC)
2緑(GUNDAM)
1黒(00)



1回戦(青黒紫):KPSA出せたので勝てました

2回戦(茶白紫):KPSA出せたので勝てました(笑)


以上です!ではでは~

赤タッチ青デッキレシピ紹介&解説少々

新弾デッキ紹介第3回は、私が先日のskype大会(もずにゃんさん主催)で使用した赤タッチ青デッキです。新弾の赤カードの強さが前面に出たデッキとなっています。

今回は大会で実際に使用したデッキですので、サイドボード付きで。。。


「赤タッチ青」

・メイン

(ACE)
2ジ・O&シロッコ

(UNIT)
3ガザC(ハマーン機)
3キュベレイ(EX02)
3バウ
3ガンダムキュリオス(トランザム)
3クシャトリヤ

(COMMAND)
3女帝降臨
3胸のときめき
2リフレクタービット
3世間知らず
3比類なき力
2優位な交渉
3再登場
3超兵の力

(CHARACTER)
2フラストスコール
3ハマーンカーン(EX02)
1バナージリンクス(EX02)
2バナージリンクス(1)
3カミーユビダン(EX02)


・サイド

2リフレクタービット
1優位な交渉
3ハイパードッズライフル
2ミネバラオザビ
1マリーダクルス
2忌まわしき記憶


マイデッキ↓↓
赤タッチ青



~解説~
5ターン目「キュベレイ」からの「ハマーンカーン」の構えで、テンポを取っていく戦法が主になります。後半は「ガンダムキュリオス(トランザム)」+「カミーユビダン」のセットで押し切る形が強いので、積極的に狙うと良いと思います。中盤は「世間知らず」や「超兵の力」等、相手をコントロールするカードや、「リフレクタービット」や「比類なき力」のように相手を妨害するカードで上手く先手をとっていきましょう。

赤メインの環境なら、「ミネバラオザビ」はメインから積んだ方がいいと思います。黒メインなら、カウンター寄りにした方がいいかもしれません。



以上です。赤タッチ青は、現環境でまず注意すべきデッキタイプのひとつであるようにも思います。対策としては、黒をメインに除去をとばしていくのが良いでしょう。ではでは~




もずにゃん杯レポ

本日(9/8)もずにゃんさん主催のskype大会が開催されました。自分も参加させていただきました。以下、レポです。サイド交換は良く覚えてないです。。。(一度寝たら忘れました。。。。)


使用デッキ:赤タッチ青

参加人数:10人



1回戦:vs青赤緑(gaitoさん)

1戦目。「キュベレイ」×2を引けたので、相手の動きを縛りつつ、そのまま押し切れました。

2戦目「ガンダムキュリオス(トランザム)」+「フラストスコール」で場をコントロールして勝ちました。

○○-



2回戦:vs黒単(ルンバさん)

1戦目。やたら「鉄拳制裁」や「歴史の立会人」がとんできた気がしますが・・・。カウンター絡めながら、生き残った「バウ」と「ガザC(ハマーン機)」のコインでギリギリ押し切りました。

2戦目。「鉄建制裁」×3がとんできて手札をもぎられましたが、「優位な交渉」でリカバリーがきいたので、そのアドバンテージを残しつつ、「ガンダムキュリオス(トランザム)」と「ハマーンカーン」で蓋をしました。

○○-



3回戦:vs赤タッチ青(ぶーたんさん)

1戦目。「キュベレイ」を出して先攻ブン回りでした。

2戦目。「キュベレイ」と「バウ」並べて、交戦中の「クシャトリヤ」に「世間知らず」を撃って処理しようと思いましたが、カットで「世間知らず」を撃たれてフィズったので、「フラストスコール」も起動せず、場が完全に崩壊&本国極薄で投了しました。

3戦目。またまた先攻ブン回りでした。「ガンダムキュリオス(トランザム)」×2を引いて押し切りました。

○×○



最終戦:vs青赤(赤服さん)

1戦目。「ガンダムキュリオス(トランザム)」×2を引いたので押し切れました。

2戦目。今度は「キュベレイ」×3を引いたので押し切りクソゲーでした。。。

○○-



最終結果:優勝!(8-1 16点)

プレミ連発の反省会ものでしたが、引きの良さが全てをカバーした気がします。。。今日の反省を生かしつつ、プレイング向上を目指したいですね。レシピ等は次の記事で。。。


最後になりますが、5時間以上にも及ぶ運営をされたもずにゃんさん、本当にお疲れ様でした。次回開催も楽しみにしております。。。

ではでは~


「青単Z」デッキレシピ紹介&解説少々

ちょっと間が空きましたが、「宇宙の呼び声」収録の新カードを取り入れたデッキ紹介です。。。

第2回は「青単Z」をご紹介します。今更ご紹介するほど目新しいものでもありませんが、新弾発売後も環境に居座り続けている強力なデッキですので、一応・・・


「青単Z」

(ACE)
2アプサラス&アイナ
2Zガンダム&カミーユ

(UNIT)
3Gディフェンサー
2アーガマ
3ジム改〔ケラウノス所属機〕
3ディジェ
3百式
3百式(メガバズーカランチャー)
1ガンダムMk-Ⅱ(フライングアーマー)
3Zガンダム
3バンシィ
2Zガンダム(バイオセンサー起動時)
2バンシィ(デストロイモード)

(COMMAND)
3宇宙を駆ける
3ニュータイプの力
3ニュータイプの相克
1エゥーゴへの参画

(CHARACTER)
2カミーユビダン(02)
1カミーユビダン(EX02)
3クワトロバジーナ
2バナージリンクス




マイデッキでも作りました↓↓
「青単Z」



~解説~
「ディジェ」、「百式」、「Zガンダム」といった優秀ユニットで中盤からガンガンビートしていきましょう。場が膠着してきたら、「バンシィ(デシトロイモード)」や「Zガンダム(バイオセンサー起動時)」等の、突破力のあるユニットで押し切りましょう。「ニュータイプの相克」で無理やりこじ開けるのも良いと思います。これらのカードを、状況に応じて「宇宙を駆ける」でサーチすることが可能になったので、安定性は格段に向上したといえるでしょう。2、3ターン先を読んだプレイングが必要になってきますが、使い込めば使い込むほど、力を発揮してくれる良いデッキタイプだと思います。皆さんも、是非一度組んでみてはいかがでしょうか??

解説は以上です。ではでは~

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。