スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日記念・・・?青黒緑00デッキ(作品単)

24歳になりました。この年になっても目の前のものに追われる人生は変わらずです。好き勝手に生きたい云々言う前に、目の前のことを処理しろってことですね(笑)。

さて、せっかくなので何かデッキ紹介でもしたいのですが、あいにく新ネタが無いので、今作品対抗で使っている00デッキでもご紹介しようと思います。今までに何度か申し上げていますが、私は00が大大大大好きですw

青黒緑00デッキ

テーマは「マイナスコイン」です。マイナスコインをバラ撒いて場を制圧し、本国を殴りきるという、所謂除去ビートダウンというタイプでしょうか。カードリストをざっと見てたところ、形になりそうだったので作ってみました。お気に入りのデッキのひとつです。


①デッキの流れ

・序盤
相手の攻撃を「ソレスタルビーイング」「ツインバスターキャノン」等でかわしながら、クイックを利用して「GNフラッグ」や「サーシェス専用AEUイナクトカスタム(アグリッサ型)」等をプレイし、ユニット展開をします。

・中盤
敵軍ユニットを除去しながら相手の本国を削っていきます。キーとなるのは、「GNアーマーTYPE-E」「セラフィムガンダム」です。「GNアーマーTYPE-E」で毎ターン敵軍ユニットにマイナスコインを撒き、破壊していくのが理想ですが、破壊しきれないほどサイズの大きいユニットに対しては、「セラフィムガンダム」を使いましょう。マイナスコインが1つでも乗っていればこいつで破壊可能です。

・終盤
終盤のカギを握るのは、6国ユニット「ダブルオーガンダム[†]」「セラヴィーガンダム[†]」です。プレイしたカードのロールコストに応じて追加効果を発揮する、00デッキの切り札です。特に「ダブルオーガンダム[†]」は、自軍にプラスコインを、敵軍にマイナスコインを乗せるので、場を一気に有利にすることが可能です。


②デッキの動きをサポートする戦士

・「アグリッサ
場に出るだけで1枚手札破壊。それだけでも十分ですが、真価は「サーシェス専用AEUイナクトカスタム(アグリッサ型)」からの改装です。マイナスコインを3つも撒きながら出てくるので相手の小型ユニットを除去したり、大型をサイズダウンさせてそのまま戦闘で破壊するなど、便利に使える1枚です。

・「アリーアルサーシェス
このデッキでは貴重なドローソースです。除去カードが多めに入っているので、テキストの起動は容易でしょう。自身のサイズも3/2/2と、十分です。

・「沙慈・クロスロード
これもドローソースです。「アリーアルサーシェス」と異なり、ドローにコストが必要なのが難点ですが、クイックを持っている点、2国でプレイできる点が非常に便利です。「ダブルオーガンダム[†]」が場にいる状態で相手ターンにプレイすれば、コン乗せテキストが両方起動してお得です。


③どういう手札ならスタートしても大丈夫なの??
初手を見て、マリガンをするかどうかという話です。ポイントは2つあります。
・3国ユニットがあるか否か
・緑国力を発生するカードがあるか

以上の2つです。戦法がビートダウンですので、早い段階(3国)に出せるユニットは欲しいところですね。また、デッキには青と黒のカードが多く、緑のカードは9枚しか入っていません。しかしながら黒緑のロールコストを要求されるカード(「GNバズーカ」等)を多用するので、緑Gは早めに確保しておきたいです。


解説は以上です。00シリーズは1枚1枚のカードパワーが高めに設定されており、少々劣勢でもカード1,2枚で逆転することが十分可能なシリーズだと思います。MSデザインも超カッコイイので(主観)、オススメのデッキです。ぜひ一度お試しください!!

ではでは~


スポンサーサイト

最新プロモ「理念の化身」を使ってみましょう~。「赤単ネオジオング」デッキ

さぁ、ネグザ大戦も一区切りついて、最近はベースドブースターBサイクルの発売を心待ちにしていらっしゃるプレイヤーの方々も多いことでしょう。

今回は、ネグザ大戦で新規配布となった「理念の化身」というプロモーションカードを用いた、「赤単ネオジオング」デッキを詳しく解説していこうと思います。この「理念の化身」、ご存知の方も多いと思いますが、これから先よく使われるカードになりそうなので、「どう強いのか」「どう使うのか」を中心に話を進めていけたらなぁと思います~。

あ、今回は強プレイヤーの方々にとっては若干退屈な内容になると思いますので、ご了承下さい(笑)
ではではいつものようにレシピから!

赤単ネオジオング」←クリックでマデつくに飛びます!

スタンダードなネオジオングデッキです。このデッキで何を狙ってプレイすればいいのかというと・・・。

step1.ハンガーにコマンドカードを溜める
step2.「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に出す。
step3.「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」のテキストで敵軍ユニットを焼き払いながらアタックして勝利!

以上の3stepになります。この大きな流れを念頭に置いてプレイしましょう。


ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」のテキストで、ハンガーのコマンドの国力を参照しますので、序盤はその為の下準備。ハンガーにコマンドをガンガン溜めていきましょう。ハンガーに置かれたコマンドの合計国力の合計値が、6~8になれば上出来です。今までは「呉越同舟」が好相性なカードとして良く使用されてきましたが、ここで登場「理念の化身」。「理念の化身」は、戦闘フェイズにデッキから赤のUCのコマンド2枚をハンガーに持ってくる凄腕ユニーク。更には、Gに置くことで、ハンガーにある赤UCのコマンドを合計国力-1してプレイできるというオマケつき。このカードがあるとどういう強い動きが出来るのかというと・・・

・パターン1(化身戦隊アドレンジャー)
3ターン目:「理念の化身」をプレイ→新たに「理念の化身」2枚をハンガーに。
4ターン目:ハンガーにある「理念の化身」1枚をGに。もう1枚をプレイして「呉越同舟」「器たる気質」をハンガーに。直後にハンガーの「呉越同舟」をプレイ。(返しのターンに、ハンガーの「器たる気質」をプレイ可能)
5ターン目:「ローゼンズール」をプレイ。テキストで「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に。
6ターン目:「ネオ・ジオング[†]」」をプレイ、ジャンクヤードの「理念の化身」2枚をハンガーに回収→2枚ともコスト無しでプレイ。

・パターン2(最速合体サイコシャード)
3ターン目:「理念の化身」をプレイ→「理念の化身」と「縦横無尽」をハンガーに。
4ターン目:ハンガーの「理念の化身」をGに。更にハンガーの「縦横無尽」をプレイ。
5ターン目:「ローゼン・ズール」をプレイ→テキストで「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に。

パターン1は動きに若干の無駄があるように見えますが、「呉越同舟」を早めにかつ確実に撃てている点、ハンガーの枚数を一気に大量に増やせる点が強みです。4ターン目の返しに「器たる気質」を構えられるのも、実戦では役に立ちます。パターン2はとにかく最速で「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に出す戦法です。ハンガーが枯渇しやすいのが難点ですが、早めにユニットを場に出してしまえば後はカウンター等で相手の妨害に徹することも出来るので、非常に強い動きと言えるでしょう。
カードアドバンテージ重視のパターン1と、速度重視のパターン2をご紹介しましたが、状況次第で様々な動きを取れるのが、「理念の化身」の強さです。

ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」が場に出てしまえば、後は本国にアタックしていくだけ。敵軍のユニットはテキストでガンガン焼いていきましょう!相手からしたら、「どうしようもない状況」を作り出せる1枚。映画での活躍をガンダムウォーネグザでも再現しましょう!


では最後に、以上の流れをサポートする重要なカードを紹介します。

ギラ・ドーガ(フル・フロンタル機)[†]
プレイすると本国上1枚をハンガーに。それが赤UCのカードならもう1枚ハンガーに。ハンガーに送るカードは不確定ですが、高確率で2枚送ることができます。自身が4/1/4の戦闘配備でアタッカーとしても活躍してくれる、影の名手です。

忌まわしき記憶
ミラー戦で輝く1枚。どんな強ユニットも、テキストを無効化してしまえば良いというカード。一枚制限([†])の敵軍ユニットにセットしてやるのが効果的です。

胸のときめき
Gサインは赤UCでないものの、ネオジオングデッキと好相性な1枚。ネオジオングデッキは3ターン目が命な為、それより前のターンに手札(ハンガー)を増やして準備できるこのカードは重要です。しかし、ミラー戦では敵に塩を送ることも多いため、乱発は禁物です。

解説は以上です。現状「理念の化身」は入手難易度が非常に高い1枚なので、お手軽に・・・とまではいきませんが、作ってみる価値のあるデッキタイプです。ぜひチャレンジしてみて下さい!

ではでは~

相互リンク追加

相互リンク追加のお知らせです

こんな更新頻度の低い私のブログを相手にして下さる方がまだ日本にいらっしゃいました。

うさぎんさんの「うさぎんの奇妙なネグザのブログ」です!

毎回、世間の流行りに左右されない独自のデッキを組まれている方で、環境を研究する姿勢は流石の一言だと思います。

これからも宜しくお願い致します

ネグザ大戦レポ

はい、行ってきました。簡単にですがレポート残しておきます。。。

使ったデッキについては、体力が残ってたら記事にしてみます。

使用デッキ:青黒緑00

1回戦:青黒00
「ガンダムアストレア」からの「GNアーマー TYPE-E」改装まで含めたコントロールデッキでした。
1本目。25分くらい使いました(汗。お互いに「ダブルオーガンダム」を場に出して後続のカードをプレイし続けるゲーム展開。お互いの場のコインの数がすごい事になりましたww最終的に「ガンダムTR-1[ヘイズル](フルアーマー・タイプ)[†]」で相手の「ダブルオーガンダム」を破壊することに成功。場の形勢を一気にこちらに傾けて勝ちました。
2本目。相手はサイドから「ジ・O&シロッコ」を上げてきた様子。更にゲームスピードが落ちましたが、相手の「ダブルオーガンダム」を「GNバズーカ」で破壊して勝ちました。
○○-

2回戦:緑単撃墜王
今までの撃墜王デッキに「ザクⅡ改(バーニィ機)[†]」が追加され若干スピードアップした形でした。
1本目。「シャア・アズナブル(CCA)」の乗った「シャア専用ザクⅡ[†]」を「GNバズーカ」で破壊し、「ダブルオーガンダム[†]」のプレイが間に合って勝てました
2本目。「ツインバスターキャノン」強いです。
○○-

3回戦:緑単撃墜王
またまた撃墜王。
1本目。「ツインバスターキャノン」強いです。
2本目。「逆襲のシャア」「ロンドベル」「νガンダム(初出撃時)[†]」の連打。「ダブルオーガンダム[†]」が間に合いました。
○○-

4回戦:緑単サイクロプス(もずにゃんさん)
ついに来たサイクロプス。内容は流行っていた形とほぼ同じ。
1本目。「ソレスタルビーイング」「ツインバスターキャノン」で封殺。「ソレスタルビーイング」で「ガンダムTR-1[ヘイズル](フルアーマー・タイプ)[†]」が見えたのが強かったです。
2本目。「ズゴックE」「ハーディ・シュタイナー」を処理できず、押し切られて負け。
3本目。「アルフレッド・イズルハ」先生強すぎです。負け。
○××

5回戦:緑黒撃墜王(うさぎんさん)
メタに合わせて「歴史の立会人」を採用した撃墜王。「逆襲のシャア」は1枚しか入ってないようでしたが、「女王信奉」等でドローをカバーしていました。環境がしっかり見えているなぁと尊敬。
1本目。恐らくカードを1,2枚プレイした段階で本国が無くなりました。
2本目。「ギロチンの悪夢」で手札確認されてからの攻撃だったので辛かったです。「ダブルオーガンダム[†]」で場を整えて、残り本国数枚でのギリギリ勝ち。
3本目。サイドから上げた「サザビー&シャア」が非常に良い仕事をしてくれました。2ターン程の時間稼ぎに成功し、「ダブルオーガンダム[†]」が着地して殴りきりました。
×○○

6回戦:サイクロプス(クラミティ君)
またサイクロプス。。。
1本目。先攻をとったのですが、どうも展開がイマイチ。相手側「ザクⅡ改(バーニィ機)[†]」+「ハーディ・シュタイナー」のセットから「ズゴックE」降臨。「アルフレッド・イズルハ」出勤。ロイヤルストレートフラッシュ。
2本目。「ザクⅡ改(バーニィ機)[†]「ズゴックE」「基地進入」「ハーディ・シュタイナー」から、「ハーディシュタイナー」テキストで「ケンプファー[†]」降臨。もうヤメテ・・・。
××-

最後の縦負けが響き、順位が爆落ちして8位。ギリギリ中佐でしたが何とも後味の悪い結果に。
サイクロプスをメタったつもりが負け試合は全てサイクロプス(汗。対策の張り方が甘かったようです。


プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。