スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBCで強化された作品単デッキをご紹介ver.2:機動戦士ガンダム0083

作品単デッキ紹介ver.2でございます。今回ご紹介するのは、機動戦士ガンダム0083。デッキコンセプト自体は、ネットでも一部話題に上がっていたように思います。

作品単0083
↑マデつくのリンクになっております
注:本来「脅威の戦力」が3枚積まれていますが、公式のリストにまだ登録されていないため、「歴史が変わる時」3枚で代用しております。ご了承下さいませ。。。
「脅威の戦力」COMMAND 6-2
(自軍配備フェイズ):敵軍ユニット1枚を破壊する。


今回は、「デンドロビウムの早出し」、「サイサリス、ゲルググM(シーマ機)による本国直ダメージ」を組み合わせて、一気に本国を詰めていく構築にしました。キーカードについて軽くご紹介します。

「ニナパープルトン」
自軍ユニットを破壊してその合計国力+3までのユニットを出せるキャラ。1ターン目にニナをステイし、2ターン目にジムカスタム(モンシア機)かジムキャノンⅡを出し、ニナのテキストを使えばデンドロビウム降臨が可能です。積極的に狙っていきたい動きだと思います。

「ガンダム試作2号機サイサリス」
本来5国ですが、お互いの本国を2枚ハンガーに送ることで3国プレイが可能です。ハンガーを増やしながら、戦闘配備&戦闘力5/0/6という十分なスペックをほこります。さらに、ニナのテキストを使ってデンドロビウムを降臨可能で、役割が非常に多いユニットです。

「ゲルググM(シーマ機)」
役割は上記のサイサリスとほぼ同じで、登場時のお互い2ドロー、ニナのテキストによるデンドロビウム早出しで相手にプレッシャーをかけていきます。
サイサリスとゲルググM(シーマ機)はどちらも自分の手札を確保しながら相手の手札も増やしてしまいますが、それは相手の本国を削っているということでもあるので、寧ろメリットだと捉えてガンガン使っていきましょう。

「ガンダム試作1号機フルバーニアン&ガンダム試作2号機サイサリス[†]」
配備エリアに4点焼きを飛ばせるユニット。また、自軍ユニットが破壊されると敵軍ユニットを1枚破壊できるので、ニナとの相性が抜群です。特徴を2つ(GP01,GP02)持っているので改装の幅が広く、重宝します。

ご紹介は以上です。とにかく序盤からバンバン動いて一気に攻めていきましょう。以前よりデンドロビウムを簡単に出せるカードプールになったので使っていて非常に面白いです。もちろん、面白いだけではなく結構強いのでオススメです。是非!

ではでは~

スポンサーサイト

BBCで強化された作品単デッキをご紹介ver.1:機動戦士ガンダムAGE

久しぶりに記事書きました。5か月前の自分が書いていた記事を見て嘲笑でございますw

今回は今更ながらBBCで強化された作品単デッキをご紹介。ver.1と称しておりますが、2つしか書かないつもりです。。。


作品単AGE
↑マデつくのリンクになっております

さて、作品単機動戦士ガンダムAGEでございます。思えばネグザはガンダムAGEから始まったものでしたね。「MEMORY OF EDEN」を観て、アセムとゼハートの勇姿に心震えたものです。

ここ数年、割と世間からナメなれたデッキタイプであったAGEですが、BBCの何枚か強力なカードが追加され、従来の所謂「共有AGE」とは全く異なる新たなデッキコンセプトを確立したように思います。

今回注目していただきたいのは以下の3種。
・ガンダムレギルス(ゼハート機)
・ガンダムAGE-1(アセム搭乗時)
・理想郷

「ガンダムレギルス(ゼハート機)」
今回のフィニッシャー。高機動&パンプテキストで一気に本国を詰めていける強ユニットです。基本的にはGに置いたグラフィックをハンガーに送り、+5修正を得るのがメインだと思います。単機で20点強は余裕な、ナイスガイ。流石ゼハート。

「ガンダムAGE-1(アセム搭乗時)」
AGEの足回りを良くしてくれる低国力ユニット。登場時に「アセムアスノ」を本国からサーチ。4ターン目にそのままアセムをセットして2ドローという動きはなかなか強いです。また、改装先を2種(AGE1,AGE2)持っている柔軟性もgood。

「理想郷」
今回の隠れた強カード。3ターン目にこれを張って次のターンには5Gに到達することが可能。AGE-1タイタスやAGE-2ダークハウンドをプレイしたり改装したり。一気にやれることが拡がるので、是非3ターン目に張りたいですね。地味ながら、レギルスのテキストで減ったGを一気にリカバリーできるのも見逃せないです。

上記の追加カードにより、結構な強化をされたAGE。やってみると、レギルスを出したターンに超打点を出してそのまま勝つことも多く、このデッキにしかないスカッとした攻めを味わえます。ぜひお試しください。

ではでは~




プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。