スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超久しぶりの更新どす

やっと色々終わったので、またTCGについてでも書かせていただきます・・。

とりあえずは各TCGの環境と自分のデッキについてでも。


・ガンダムウォー
現状トップだと思うのは、クインマンサ(28th)をフィニッシャーにおいた、弩級コンですね。ユニット戦においてクインマンサを破壊されてもそこまで痛くない(相手にとって直接的なアドバンテージとはならない)のが強みで、自分は場と手札のコントロールに専念できます。対策としては、「クインマンサを実質的にゲームから除外する」か「弩級コマンドを撃たせない」辺りが有力だと思います。前者の具体例としては、「彼方からの来訪者」や「シロッコの眼」、「ロゴスの私兵」など、クインマンサの存在する場所とタイミングによって色々あります。カラーリングと相談して決めましょう。後者は、「ミスターブシドー」や、「もう一人の戦術予報士」、「ブロックワード」ですね。特にミスターブシドーは、キャラ対策が手薄になりがち(極限の機動性能がキャラをカウンターできない)な今だからこそ刺さるカードだと思っています。
また、「弩級コン」というデッキタイプそのものは、やはり「ガンダム試作3号機ステイメン(28th)」を主軸にまわるので、焼きユニーク(情念)や「魂の輝き」などで対策するのも大いにありだと思います。
このように、1、2枚がものすごく強いデッキというのは、デッキの密度を濃くできるかわりに対策を張られやすいというのが面白いですね。

・デュエルマスターズ
最近の僕はガイアールカイザーしか使っていなかった(笑)ので、あまり環境がわからないんですが、徐々にトップメタが固定化されてきているようですね。ガイアールカイザーを主軸とするデッキとしては「Mロマ系」「GENJI系」「マッドネス系」があるようですが、個人的にはMロマ系が一番強いかと思います。後攻でも「大神秘イダ」で相手のガイアールカイザーを狩れるのは高評価です。「サイバーNワールド」という新たな切り札を手に入れたGENJI系のビートダウンもすごく強いと思いますが。。
コントロール系デッキについては、「特攻人形ジェニー」の登場&「超次元ドラヴィタホール」の制限等で台頭してきた青黒ハンデスが総じてトップな気がします。これでまた「時空の賢者ランブル」の株が上がるか・・・?
「ミラクルリボーン」が真価を発揮するのはまだまだこれからのようです。


・ヴァイスシュヴァルツ
「化物語」が発売して、テンションが上昇。3レベの「ひたぎ」(1レベ焼き)に目がいくのは当然といえば当然ですが、同じく3レベの「神原駿河」(経験でアンコール付加)や2レベの「真宵」(キャンセルされたら追加ダメージ)など、強いカードはいっぱいあります。化物語に関しては、レシピがまとまったらアップしたいのですが、需要あるんですかねww


こんな感じです。今までどおり、デッキレシピがまとまったらアップする作業もしていこうかと思いますーー。
ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。