スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相互リンク報告。あと今更ライザーについて。

相互リンク追加致しました。

eikohさんの、「eikohの覚書き」です。

相互リンクのお願いをしたところ、OKを頂きました。

各カード(特に青茶など)について、非常に深い考察をされている方です。

右のリンクからどうぞ。

これからよろしくお願いします!!


続きはガンウォについてのちょっとした考察。今更だがライザーデッキについて。


「赤紫ライザー」と「赤黒紫ライザー」の違い。

多分、先人が幾度と無く考察されているはずなので、完全に誰得状態。だから「続きを読む」システムで隠したんだよ!!

では気をとりなおして。

見た目に明らかな違いは、黒が入っているか入っていないか。これによって影響を受けるのは「野望の毒牙」、「完封」の二枚。


「野望の毒牙」
COMMAND
C-24 黒1-赤1-4-0 R
プリベント(5)
(常時):基本Gとユニット以外のカード1枚を、ゲームから取り除く。

「完封」
COMMAND
C-6 黒赤 黒1-赤2-3-0 R
(自動B):このカードのプレイは、「プリベント」の影響を受けない。
(常時):Gとユニット以外のカード1枚のプレイを無効にし廃棄する。


安定性を多少犠牲にしてでも、この二枚から得られるアドバンテージは非常に大きいと思う。特に毒牙による場の制圧力には、目を見張るものがある。

なんたって、「毒牙」はプリベント(5)が強力。序盤ならほぼ間違いなく通る。だからこその「完封」なのだが、それはまた後で。

基本的には「毒牙」で除外するのはタメGやヴァリアブルでOKなわけだが、状況に応じて「キリマンジャロの嵐」や自分のライザーにつけられてしまった「危険分子の収監」なども除外できるのが強み。相手の「転向」を除外してもいいしねww

また、環境的な話をすると、vs「投棄ネロス」ではネロスに乗ったキャラを除外することで、ネロスの復活をある程度抑制できる。

この汎用性の高さが、僕が今回「赤黒紫」をGTで使用することにした決定的な理由である。

ぶっちゃけ「毒牙」は、制限入りしてもいいんじゃないかと思うww


ではでは「完封」について。

指定拘束が厳しいので「作戦の看破」でいいダロ、という意見はごもっとも。赤2はいいとして、黒1がでなければただの紙切れである。

しかし赤のドロソと組み合わせれば、結構黒1だって簡単に出る。そうなれば、もはや「作戦の看破」の上位互換である。

プリベントの影響を受けないので、前述した「毒牙」や、青の高プリベントキャラに対処できる。現実的な話をすれば、「ジュドーアーシタ」など。5国でプリベント(3)なので、たとえこちらが先攻でも「作戦の看破」が間に合わない。セットされてしまうと、「毒牙」も通らなくなるので、早いターンに打てるプリベント無視はありがたい。

また、赤のプリベント無視カウンターとしては、おなじみ「宇宙を統べるもの」が存在するのだが・・・


「宇宙を統べるもの」
COMMAND
C-38 赤 2-5-0 R
(自動B):このカードのプレイは、「プリベント」の影響を受けない。
(常時):このカット内の、(このカード以外の)全てのカードのプレイを無効にし、廃棄する。


「完封」との差別化としては、

①「宇宙統べ」なら、ユニットやGもカウンター可能

②「宇宙統べ」では、自分の他のカードのプレイをカウンターされたときにこれで守る、といった動きは不可能

③「宇宙統べ」は、撃てるようになるのが5国。「完封」より2ターン遅い。

などが挙げられる。

実際、僕は「宇宙統べ」と「完封」の両方を1枚ずつデッキに積んだが、「宇宙統べ」×2ではなくこのような配分にしてよかったと思う(超結果論ww)。

実際にあったのは、最速の「血のバレンタイン」や「宝物投棄」に対処できた(まあ看破でもいいんだけどねww)。

高プリベントのカードを実際にカウンターしたわけではないが、手札にあるだけで一種の安心感が出て、精神面でプレイの幅を狭めることも少なくなる。

というわけで「完封」は採用の価値あり。


色々メリットを並べましたが、「赤黒紫」には致命的な弱点がございまして・・・。

紫基本Gがそんなに積めないんですよ・・・。

黒国力発生源も確保したい為、紫Gはせいぜい2、3枚。つまりは・・・

「『ダブルオークアンタ』が安定して出せない。」

これは痛い。だから多分クアンタだって、デッキに1枚入るか入らないか。完全に、「引けたらイイナ~、出せたらイイナ~。」のレベル。

そういった点では、赤紫の安定性(クアンタも含め)は素晴らしい。実際、多くの結果を残している。

状況的に、出せるのは赤5黒2紫1か、赤5紫2のときかなあ。そもそも黒は1までしか見ていないし、紫2も枚数的に確実とは言えない。

だったらクアンタをあきらめて、さっさとライザーで止めをさした方がいい。というわけで僕はクアンタをデッキから抜きました。予想通り、vs黒紫ライザークアンタでは苦戦を強いられましたがねww

以上、長々と書きましたが、総評として


①相手への干渉力は「赤黒紫」が上。

②クアンタも絡めた安定性では「赤紫」に軍配。

ということで甲乙つけがたいものがありました。まあそもそもGWは他のカードゲームに比べて安定性に欠けるゲームなので、それを補える赤紫が結果を残せる、ということなのでしょう。


終わりです!読んでくれた人には最大の感謝を。今期GTは、ヘボプレイヤーなりに精一杯考えてデッキを選択したつもりです・・。

これをセミファイナルまで持っていくかどうかはまた別の問題・・w

ではでは今回はこの辺で~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。