スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青黒タッチ白コントロール

先日の店舗予選で使用したデッキです。

(青)
4エナジーライト
4セブコアクマン
3アクアバースター
1アクアサーファー

(黒)
4特攻人形ジェニー
2ゴーストタッチ
2ローズキャッスル
2解体人形ジェニー
4超次元リバイヴホール
3超次元ミカドホール
2超次元バイスホール

(白)
1光牙忍ハヤブサマル
1予言者コロン
1霊騎コルテオ

(虹)
4魔光騎聖ブラッディシャドウ
2聖鎧亜クイーンアルカディアス


・・・解説等の前にひとつだけ。


レシピの中で一際輝く「予言者コロン」は、本来なら「霊騎コルテオ」でした。持ってなかったんですよ、ええ。


では気を取り直して。

基本戦略はご覧の通り、青黒によるハンデス→超次元によるコントロールです。各地で猛威をふるっていた「エンペラーキリコ」を主軸としたデッキは、「Mロマノフ」等の速攻orビート系のデッキに圧殺される傾向にあったようなので、思い切って想定メタから除外しました。想定した環境は・・・

黒赤速攻
Mロマ
青黒ハンデス
トリーヴァ

です。各々のデッキにいくつか派生があることも考慮すると、デッキの速度や相手への干渉力の度合いが多種多様。このような環境では、コンボデッキやオリジナルの地雷デッキでは勝ちあがれないと思ったので、素直に環境内のデッキに頼ることにしました。上記4つのうち、カラーリング的に昔から馴染み深い青黒(タッチ白の所謂ドロマー)を選択。


①ドローソース
候補は「エナジーライト」「コアクアンのおつかい」「セブコアクマン」の3種。流行りは前の2つですが、あえて「コアクアン」を抜いて「セブコアクマン」を投入。理由は色々あるんですが・・・

・クリーチャー比率を上げ、「ヴォルグサンダー」への耐久力を上げる
・青黒ミラーにおいて場数で優位に立てる
・パワー2000なので「ローズキャッスル」を割りやすい
・「リバイヴホール」で回収可能

以上が、投入の決め手となった理由です。ドロー速度が落ちるという大きなデメリットはありましたが、クリーチャーであるという点が非常に魅力的でした。昔の「アクアンブラック」を思い出しますね。「コアクアン」ではなく「エナジーライト」を優先したのは、「コアクアン」で「セブコアクマン」がめくれるのが嫌だったからです。


②ハンデス&超次元
「リバイヴホール」軸ですので、「特攻人形ジェニー」は4枚投入。呪文よりもクリーチャーが優先される環境と判断して「バイスホール」は最低限必要な2枚にまで絞りました。ビート、速攻に勝てるように「ミカドホール」を3枚投入して超次元は計9枚。「ゴーストタッチ」は本当は4枚入れたかったのですが、場数の確保の為、2枚を「解体人形ジェニー」に変更。中盤のピーピングハンデスを視野に入れました。

③メタ、その他
流行の青黒よりは場数が並ぶ構築にしてありますので、「霊騎コルテオ」が最大効率で仕事をしてくれます。各種強力な超次元呪文を問答無用でシャットアウトする「クイーンアルカディアス」も勿論投入。あとは、「キル」や「アンタッチャブル」のばら撒きが怖いので「ローズキャッスル」。・・・とまあ色々突っ込んだ欲張り構築となっております。。。



こんな感じですね。場数を揃えて一気に殴りきるというちょっと変わった青黒なので、地雷といえば地雷でした。構築の反省点としては、既に場に出た相手クリーチャーを除去する手段が少ないので、素直に「陰謀と計略の手」を積めば良かったなあと。「ランブル」等を簡単に覚醒させてしまうのは、一歩間違えれば死に直結しますしね。


エリア代表戦用のデッキは、いくつか考えてはいるんですが、なかなかまとまらないですね(汗)。いつも通り、試作をいくつか作って身内と調整って感じですね。


ではでは~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。