スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます!

遅い(笑)!

本年もどうぞよろしくお願い致します。


新年1発目は、僕が愛用しているネグザフォーマットのデッキ、「青黒ダブルオー」のご紹介です。まずはレシピをご覧下さい。


「青黒ダブルオー」

(UNIT)
3リゼル
3ガンダム
3ギャプラン
3ガンダムエクシア
2ユニコーンガンダム
1ユニコーンガンダム(ビームマグナム)
3アヴァランチエクシア
2ユニコーンガンダム(デストロイモード)

(COMMAND)
3インテンションオートマチックシステム
3特攻
2守る決意
2ガンダリウム合金
3セブンソード

(CHARACTER)
3ジャマイカン・ダニンカン
1カイ・シデン
3刹那・F・セイエイ
2バナージ・リンクス
2ヤザン・ゲーブル

(OPERATION)
1レコンキスタ

(GRAPHIC)
1グラフィック(UC)
1グラフィック(Z)

(ACE)
3アプサラス&アイナ


少々解説を・・・といっても世間に出回っている型とあまり変わらないんですがね・・・。

まず基本的な勝ち筋は、ガンダムやガンダムエクシア等の中堅ユニットで場を固めつつ、アヴァランチエクシアやユニコーンガンダム(デストロイモード)等の高機動ユニットで相手の防御をすり抜けるという、非常にシンプルなものです。また、相手の高機動ユニットは主にギャプランが防いでくれます。

「青黒ダブルオー」自体は、1弾が発売してすぐに考案されたデッキタイプなのですが、1月の公認大会の参加賞の「プロモパックvol.3」に収録されている「刹那・F・セイエイ」が結構強いので早速投入してみました。高機動ユニットは単機で出撃することが多いので、クイック&強襲は相性が良いです。さらに、戦闘修正3/0/2により単機ユニットでも高打点を叩き出すことが可能です。

ユニコーンガンダムが2枚入っていますが、共有テキストはあまり起動しません。なにせNTが2枚しか入っていないんですから(笑)単に、ドローできるユニットという理由で入っています。場合によっては改装で奇襲をかけるのもアリですしね。ネグザフォーマットにおいては、5という耐久値も大いに存在意義があると思います。ただ、耐久5だとキャラを乗せても7で、終盤に不安が・・・というのも確かなので、そこをカイ・シデンで多少補うことにしました。

そんなところですかね。現状は、黒の指定が低いカードが限られているので、黒の枚数配分には苦労しました。レシピの配分でも、完全では無いと思います。恐らくは、カードプールの拡大を素直に待ったほうがいいでしょう。
あと、メチャメチャ重いデッキ(ロールコスト的な意味で)なので、それがイヤな方はこのデッキの使用をオススメできません・・・。

青黒(というかエクシア)は僕の大好きなデッキタイプなので、これからも研究&調整はしていきたいと思います。ではでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。