スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエマ新殿堂発表!

デュエマの記事は、殿堂発表についてくらいしか書くスキルを持たない自分ではありますが、そんなことは置いておいて。。。


デュエマの最新殿堂レギュレーションが発表されました。施行は3月15日からとのこと。今回は、プレミアム殿堂が3種、殿堂が1種でした。


・プレミアム殿堂
エンペラーキリコ
母なる紋章
邪神Mロマノフ


・殿堂
カラフルダンス


では1枚ずつコメント的なものを。。。


・エンペラーキリコ
適切な判断だと思います。「ほぼノーコストで場にクリーチャーを3体並べる」という効果は汎用性の塊であり、過去にプレミアム殿堂となった「インフェルノゲート」同様、「カードプールの拡大に比例して強化される効果」でした。各種コンボデッキの中核を担うカードでもあり、「ビクトリー1」の開催期間中は、「ザビ・ミラ」からの「ヴォルグ・サンダー」を並べるデッキアウトコンボで世間を騒がせました。

・母なる紋章
これも、適切な判断でしょう。「母なる大地」に続く「母なる」シリーズ2枚目のカードであり、文明制限はあるものの、マナゾーンからかなり自由度高くクリーチャーを呼び出せた(交換できた)カードです。レインボーカードが増えてからは、構築時にちょっと気をつければ、文明制限が邪魔になることは無かったでしょう。進化カードを呼び出すことも可能で、上記のエンペラーキリコ等がよくお世話になっていました。

・邪神Mロマノフ
これも予想通りでしたね。長きに渡って速攻を速攻たらしめた張本人であり、このカードの存在により、速攻はトップメタに居座り続けることに。1枚制限になった後も「進化の化身」でリカバリーしたタイプが環境に残り続け、その安定した(パンチ力のある)速さは、「これならエンペラーキリコに勝てる」と言われたほど。史上このカードにしかない「マッドデッキ進化」という、桁外に容易な進化が強すぎたのでしょう。

・カラフルダンス
恐らく、現状では「?」といった印象が世間では一般的でしょう。効果は非常に強いのですが、対処不能な強さを持っているわけではありません。・・・となると、3ヵ月~6ヶ月後くらいには、このカードが猛威をふるう環境になっているということでしょうか??


以上です~。個人的には、「サイバーNワールド」が殿堂入りすると思ってました(汗)。「カラフルダンス」が制限入りしたところを見ると、これから墓地利用系のデッキが更に強化されるということなのでしょうか??ブツブツ

ではでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。