スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先行公開カード考察

さて、前回同様気になったものをいくつか。。。


「ラクス・クライン」
白に、供給持ちのキャラが出たのは大きいですね。PS装甲に乗せれば場にユニットが残ります。ゲインの効果を実質倍に出来るのも大きな強みで、Gサイン「SEED」で固めた素直なビートダウンデッキなどが、大会で見かけられるのではないでしょうか?

「キシリア・ザビ」
1年後が楽しみなカード。カードプールの拡大に応じて様々なコンボデッキが考案される気がします。現状では、本国1枚を犠牲に、擬似的にロールコストを復活させるというもの。わざわざデッキに入れる必要は無さそうです。まあ「ラクス・クライン」同様、緑では初の供給持ちのキャラであるため、その為だけに入れるのも・・・?

「グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」
戦闘フェイズ中ならいつでもゲインを使える(ただし、戦闘エリアにいる必要あり)戦闘配備持ちのユニット。本国を身代わりに、戦闘ダメージを受けつけないテキスト自体は結構強力で、速攻持ちのユニットを一方狩りできる辺りは魅力的なのですが、耐久値が低く、せっかくのゲインもあまり意味を成すことなく焼かれてしまうことが多そうです。そうなってくると、3国帯は他のユニット(リゼルなど)に任せるのが安定となりますね。

「予見」
未来を操作できる紫のコマンド。手札1枚を犠牲に、次のドローの質を上げることができます。決して悪い効果ではなく、ゲインを狙えることもあって、手札を1枚使う価値は十分あると思います。ですが紫単デッキは「ゲインはほぼ成功する」という前提でのプレイが可能な上、強力なユニットは共有でサーチできるため、あくまでも紫単では使われないカードなのかなぁと思います。ロールコストが1と軽く、他色でも払うことが現実的に可能ですので、紫以外のデッキで使用されそうなカードですね。

「コアファイター」
単体の戦闘値は、お世辞にも高いとは言えないユニット。ガンダムチップを生み出す効果も、わざわざやる必要はほぼ皆無。このユニットの真価は、「クイック」&「改装(ガンダム系)」にあります。手札1枚を犠牲に、「ガンダム」をいきなり出撃させる効果は非常に奇襲性が高く、場合によっては勝負を決める一撃にもなりそうです。ですが、現在発売されている「ガンダム系」4種はどれも大会で通用するほどのものでは無いので、このカードは未だ「眠れる獅子」といったところ。後に強い「ガンダム系」が登場すれば、花開く1枚になるでしょう。

「砕かれたプライド」
他のカードと組み合わせることで強大な効果を発揮しそうなカード。単体では、ユニット1体すら焼けません。「ガンダムデュナメストルペード」などと併用することで、どれだけ大きなユニットでも焼けます。そういった意味では強いカードなのですが、単体では仕事ができない性質上、トップで引いてもそれほど劣勢を打破できない点は、注意が必要です。


以上です~。エキスパンションブースター1弾、発売まで1週間を切っております!非常に楽しみですね。

ではでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。