スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白単PSビートダウン

新弾発売直後ということで、とりあえず新カードにスポットライトを当ててみようという考えで組んだデッキです。テーマデッキに分類される一点突破型ですが、非常に爽快なデッキですのでオススメです。まずはレシピをご覧下さい。


(ACE)
3ジャスティスガンダム&アスラン

(ユニット)
3リーオー
3デュエルガンダム
3ストライクガンダム
3エールストライクガンダム
3ランチャーストライクガンダム
2ソードストライクガンダム
3デュエルガンダム(アサルトシュラウド)
2フリーダムガンダム
3ウイングガンダムゼロ(ネオバード形態)

(コマンド)
3共に戦う仲間
2アグニ
1バスターライフル
3行き過ぎた悪態
3中東国の支援
2舞い降りる剣

(キャラ)
3ラクス・クライン
3イザーク・ジュール

(グラフィック)
2SEED



基本は1弾環境から存在した戦法である、「『デュエルガンダム』と『ストライクガンダム』のゲインを利用したビートダウン」です。新弾でこの戦法と相性の良いカードがいくつか登場したので、それらも含めてこのデッキの目新しいカードを1枚ずつご紹介します。

「ラクス・クライン」
ステイ&ゲイン&供給を持ち、ゲインが成功するとその修正を更に別のユニットに加えることができます(つまり実質2倍)。供給を持った白のキャラは初登場で、このキャラをPS装甲ユニットにセットすることで、そのユニット(部隊ごと)は手札に返らなくなります。基本的にはユニットにセットすればよいのですが、相手が黒の場合はステイで配備に出す方が色々便利なので、その柔軟性も強みですね。

「フリーダムガンダム」
デカイです。高機動です。ぶっちゃけそれだけなんですが、Gサイン「SEED」が3枚あればPS装甲で手札に返らないので場持ちが良い点を評価。実際、コレを引いて殴って勝った!という状況は結構ありそうです。

「デュエルガンダム(アサルトシュラウド)」
待ちに待った「デュエルガンダム」の改装先です。ゲインを失いましたが強襲はそのままで、戦闘値が4/3/6になりました。この耐久6が非常に強く、上記の「ラクス・クライン」と組み合わせることでかなり場持ちの良いユニットになります。格闘が4と少々低いのですが射撃が3あるので、「デュエルガンダム」の後ろに付いて行くのが良さそうですね。もう一つのテキストとしてロール2毎に、自身と交戦中のユニットに2ダメージを与えることができるので、強襲と相性が良いですね。このダメージテキスト、宣言時に白以外の自軍国力が発生していれば3ダメージに変更されます。手札に余ったACEをGにすれば紫発生で条件クリアですが、「ジャスティスガンダム&アスラン」は自爆テキストを持っているので、2枚目は手札に温存したいところ。ではどうするか??それが今弾の目玉カード、「共に戦う仲間」ですね。

「共に戦う仲間」
新ユニークです。Gになっているとき宣言するだけで、フェイズ終了時まで他の自軍G1枚が発生する国力を青、緑、黒、赤、白のどれかに変更できます。ここで白以外の色に変更することで、上記の「デュエルガンダム(アサルトシュラウド)」の条件をクリアできます。また、このユニークはコマンドとして使用すると、ユニット1体に+4+4+4できます。ものすごく強いですね(笑)。打点重視の白単ビートダウンとは好相性です。

「舞い降りる剣」
戦闘フェイズ中なら何でもカウンターできるコマンド。結構強い対策カードですが、このデッキは戦闘フェイズ中のロールコストにそこまで余裕は無いので、メインは1枚程度でいいと思います。今回はテーマデッキということでサービスです(笑)。何をカウンターするかですが、強力なコンバットトリックである「伝説の救世主」、ターンを実質的に奪われる「超兵の力」、クイックで出てくる「シャア専用ザクⅡ」等が候補に挙がります。また、「ラクス・クライン」を最優先で守らなければならないので、「忘れえぬ惨劇」はできればカウンターしたいですね。

「バスターライフル」
プレイ時の国力以下の耐久を持つ敵軍ユニットを破壊するコマンド。対象は交戦中限定ですが、白以外の自軍Gがあれば非交戦中も対象にとれます。例によって「共に戦う仲間」で条件クリアですが、上述した通りこのデッキは戦闘フェイズ中にロールコスト枯渇なので、期待値的に確実に仕事ができる「アグニ」を優先的に採用します。弱いカードでは無いのでワンチャンスかけてメインに1枚投入。


・デッキの動かし方
序盤は「デュエルガンダム」「ストライクガンダム」のゲインを利用してビートダウン。後半は、片面を「エールストライクガンダム」「ウイングガンダムゼロ(ネオバード形態)」で高機動部隊、もう片面を「デュエルガンダム」「デュエルガンダム(アサルトシュラウド)」で強襲部隊、という構図を狙いましょう。「ラクス・クライン」の登場でゲインの打点が強化されたので、それを利用して中盤に致死量を与えておけば、後半はダメ押し程度の打点で勝てます。その際に高機動や強襲は理想的です。

・注意すること
とにかく攻めましょう。現状の白のカードプールでは、敵軍ターンに十分に動ける(対策できる)カードが揃っていないので、守りに入ったら負けます。幸い、総合的な打点に関しては他のどの色よりも一枚上手ですので、「常に相手より1点多く本国ダメージを与える」という考えで動けば結構勝てます。


解説は以上です。今弾の白には他にも、「ガンダムデスサイズ(EW)」等の優秀なカードが多いので、様々なデッキ(白緑とか)が考案できると思います。色々試してみたいですね。

ではでは~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。