スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白単PSビートダウン(個人主催大会使用)

先日の大会で使用した「白単PSビートダウン」のレシピです。そもそも結果が出せていませんので紹介するメリットは薄いのですが、どういった場合に強くて、どういった場合に弱いのかをハッキリさせることには意味があると思いますので、記事にしてみました。文章化の半分以上は自分の為ですねww



~メインボード~

(ACE)
3ジャスティスガンダム&アスラン

(ユニット)
3アークエンジェル
3ストライクガンダム
3エールストライクガンダム
3ランチャーストライクガンダム
2ソードストライクガンダム
3デュエルガンダム
2ウイングガンダムゼロ(ネオバード形態)
2フリーダムガンダム

(コマンド)
3共に戦う仲間
3行き過ぎた悪態
3アグニ
3舞い降りる剣

(キャラ)
3ラクス・クライン
3イザーク・ジュール

(グラフィック)
8SEED

~サイドボード~
3リーオー
3敵拠点の制圧
2デュエルガンダム(アサルトシュラウド)
2グラフィック(SEED)


以前ご紹介したものより、かなり前のめりな構築になっています。要は、相手が展開する前に致命傷を与えることを目的としています。

このデッキの強みは、ゲインの高い成功率を生かして1ターンに10点を超える本国ダメージを早い段階から成立させるところにあります。加えて「ラクス・クライン」を使用することで、15点超えのダメージをたたき出すことも可能です。

構築の反省点としては、、、

・「リーオー」はメインからでも良かった
・「フリーダムガンダム」は3枚積んだほうが良かった

の2点が大きいです。環境内に「武力介入」があったので一方的にアドを奪われる「リーオー」はサイドに飛ばしましたが、そこは相手の動き始めるターンを読むといったプレイングで何とでもなりましたね。「フリーダムガンダム」は、相手が黒や茶でない限りは場に残り続ける高機動フィニッシャーとして安定した活躍を見せてくれますので、3枚全力投入で良かったと思います。ゲインで成功したら+3であることも大きいですね。「リーオー」を投入するなら、コストの回転率を考えて「イザーク・ジュール」辺りが抜けるかもしれません。

今のところ思いつくのはこのくらいです。ビートダウンといいながらもプレイングが要求されるのは他のデッキタイプと同じですね。今後も調整をかけていきたいと思います。

ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。