スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新弾公開カードレビュー

公式サイトにて、ブースター第2弾「刻の鼓動」、トライアルスターター2種「英雄の再会」「木星帰りの男」の収録カードが順次公開されています。可能な限り、レビューを書いていきたいと思います。

「百式」
コストとテキストのバランスがとれた、良いカードだと思います。ロールコストを使用せずにパンプできる点はかなり便利ですね。Gサイン「Z」には優秀なカードが多いことに加え、4ターン目の選択肢が増えたので、青を絡めたデッキに注目が集まるかもしれません。

「クワトロ・バジーナ」
4国1ロールで修正値2/2/2&NTというだけでそれなりの需要があると思うのですが、Gサイン「Z」の全ユニットをゾンビ化するテキストも地味に強力。青のロールコストにどれだけの余裕を持たせることができるか、というのが気になるところですね。

「ハプテマス・シロッコ」
修正値3/3/3に加えて戦闘エリアにいる全ての敵軍ユニットに-1/-1/-1修正を与えるので、サイズではほぼ負けなくなります。相手の部隊が多いほど効果が増大するタイプのテキストですね。仙台大会で公開された「メッサーラ」と併用しても普通に強いですし、黒緑などで使用するのも面白いかもしれません。

「木星帰りの男」
攻守の両方で活躍する良カード。とりあえず上記の「ハプテマス・シロッコ」と併用で確殺です。その他、「あと一押しで勝てる」というときに強襲とかみ合わせても便利ですし、使い道は色々。また、「ガンダムヴァーチェフィジカル」等の範囲兵器も、随分と撃ちやすくなりますね。


以上です。現状を見る限りは、前弾から更にカードパワーが上がっているように思えますね。これが氷山の一角に過ぎないのか、或いはその逆なのかは、明日以降の公開カードを見て・・・ということなのでしょう。楽しみですね~。

ではでは~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。