スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒単デスゲイルズ

最近まで使っていた黒単です。up遅れて申し訳ありません。

3弾発売直後から各地で猛威をふるっていたデッキタイプであり、大会での使用者も多く見かけます。戦法が非常にはっきりしており、長所と短所がわかりやすいので、ネグザ初心者の方にもオススメできるデッキだと思います。


黒単デスゲイルズ」(←マイデッキをご覧の方はこちらのリンクからどうぞ)

(ACE)
3ジ・O&シロッコ

(UNIT)
3ハイザック〔ヴァナルガンド〕
2トトゥガ
3アビジョ
3クァバーゼ
2ザンネック
2ジ・O

(COMMAND)
3恐怖政治
3対の猛撃
3永遠のフォウ
2シンデレラ・フォウ
3歴史の立会人
3デスゲイルズ
3さよならロザミィ

(CHARACTER)
2ローズマリー・ラズベリー
3バーンズ・ガーンズバック
3ギリ・ガデューカ・アスピス
1ファラ・グリフォン

(OPERATION)
3消えない頭痛



~解説~

4ターン目「デスゲイルズ」から「クァバーゼ」をデッキから呼び出し、「ギリ・ガデューカ・アスピス」をセット→共有の流れが理想的です。このセットグループの盤面制圧力は非常に高く、基本的にはこれを守りながら戦っていくスタイルになります。もうひとつのパターンとしては「デスゲイルズ」で呼んだ「クァバーゼ」に「バーンズ・ガーンズバック」をセット→共有とすることで、死の旋風隊のサイズを底上げしながら戦うというものです。どちらにせよ、「デスゲイルズ」からスタートするのが理想なのは間違いありません。
「ハイザック〔ヴァナルガンド〕」は、先攻の際にダメージを押す&共有による手札アドを稼ぐために入っています。地味に高機動も役立ちます。ただ後攻の際にこれをプレイしてしまうと、こちらが何もできない状態で相手に4ターン目を渡す事になり、手札アドと引き換えに大量の本国を失う可能性があるので注意しましょう。
わかりやすいブンまわりデッキであり、(先攻後攻関わらず)こちらが先手を打てた場合はかなり有利にゲームを進めることができます。逆に相手に先に動かれた場合やカウンター等で蓋をされてしまうと、非常に厳しい試合運びになります。環境毎のゲームスピードと相談しながらデッキ選択・サイドボード調整をしていきたいものです。


レシピ紹介・解説は以上です。ではでは~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。