スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品対抗フォーマット対応「青黒緑00単」

ガンダムシリーズの中で私の一番好きな作品は「機動戦士ガンダム00」です(迫真)。

というわけで今回は「機動戦士ガンダム00」のカードのみで作ることが可能なデッキをご紹介します。


「青黒緑00(作品単)」←マデつくへのリンクです



序盤は「ガンダムアストレア」「グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」でビートをしかけましょう。「グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」はゲインを使用することで3ターン目から6~8点という高打点を叩き出せますし、「ガンダムアストレア」は1ターン早く改装をすることが出来るので、このデッキのフィニッシャーである、「ガンダムエクシア(トランザム)」や「GNアーマー TYPE-E」を最速4ターン目に出すことが出来ます。


中盤以降は、「ガンダムエクシア(トランザム)」「GNアーマー TYPE-E」で一気に勝負を決めましょう。「ガンダムエクシア(トランザム)」は高パンプテキストを持っているので、今大人気のコマンド「ジオンの栄光」に対しても耐性があり、自身が速攻を持っているので交戦にも強く、非常に場持ちが良いです。これに「刹那・F・セイエイ」をセットすることで高打点&速攻&強襲のセットが成立し、強力なクロックを刻むことが可能です。


攻めのカードが印象強い「機動戦士ガンダム00」ですが、「ティエリア・アーデ」、「ソレスタルビーイング」、「GNバズーカ」等、本国を守るカードも充実しているので、ある程度の対応力も備えているのが強みでしょう。


今のメインボードでは「GNアーマー TYPE-D」を通常プレイする方法がありません。本当はサイドボードの「グラハムスペシャル」をメインから積みたかったのですが、スペースの問題(作品単環境における緑単ジオンに対抗するためにどうしても「ソレスタルビーイング」を外せなかった)により、今回はサイド落ちしています。相手がウィニー系統のデッキで無い場合、2本先取制で2本目以降にサイドから上げてくるのが良いかもしれません。


今回ご紹介した「機動戦士ガンダム00」デッキ。なかなかにスカっとするプレイを楽しめますので、是非一度お試しください。


ではでは~。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。