スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてます


皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。


えー、生きてます。私は笑顔でいーますー元気でーすー。


最近の私は・・・といいますと、月末にあるちょっと大きめの試験に向けて勉強中だったり、ちょいちょいカードゲームしたり・・・といった生活を送っております。


外に足をあまり運んでいないせいで、何をやってもバイタルに欠けるというか、心ここにあらずといった感じで(汗


まあ各種TCGの近況?報告みたいなものでも。。。(書くことないので


・ネグザ
BBA収録の「ガンダム試作1号機フルバーニアン(ロングレンジビームライフル)」を使ったデッキが組みたいと思い、青黒緑CCA83なるものを製作。青黒緑CCATRと異なり長期戦に弱いのが気になりますが、動き自体は悪くない感じです。ただ、近隣の店でネグザ過疎ということもあり、対人戦はあまり出来ていないです


・ヴァイス
あまりやらなくなりました。一応、「シンフォギアG」のレセプターチルドレン(切歌、調)デッキを組んでたまーに回す程度。こちらも悪くはありませんが、2レベルまでの色拘束、アタッカー不足、ストック不足により厳しめ。袋アイコンのCXとか出ませんかね?


・ヴァンガ
皆無。グランブルーはどこいった。


・ガンダムカードバトラー
最近よくやってます。一人で出来るゲーム最高。作品愛により、00単で遊んでます




月末からは念願の研究室生活も始まるので、生活リズムは戻していかないと。。。


追記では少々お堅い話します。完全に独り言。お暇な方のみどうぞ


ではでは~

①「夢への原動力と、それを失うことの恐怖」

私の最初の夢はSEでした。ものづくり全般が好きで、コンピュータプログラムに心奪われたこともありました。しかしながら諸事情により断念。次に目がいったのは、医療。人を救うことでした。

昔から、祖母には本当にお世話になっていて、よく甘えていた覚えがあります。まだ小さい頃、両親が遠出をするときは祖母の家に預けられていたので、遊んでもらう機会も多かったです。子供心に、「祖母にはいつまでも長生きして欲しい。もっと遊んで欲しい」という思いがありました。

そんな思いもあって、医療の道を志すことに。当然ながら、当初の目標は高齢者医療でした。高齢者は軽い病気や怪我が死につながる場合も多く、健康全般には特に気を使う必要があります。高齢者医療を極めれば、祖母にも長生きしてもらえる。そういう単純な考えがスタートとなりました。

成長する中で、「単に長生きするということが医療の目的では無い」「QOLの維持」といったことも覚えていき、医療に対する理想が変動した時期もありましたが、心の奥底には祖母への思いがありました。

ここまで書くとマザコンのような印象を受けるかもしれませんが、そういったものではないのであしからず。

長くなりましたが、要は僕の夢への原動力は祖母の健康だということです。では、その原動力を失ってしまったら・・・と考えると恐ろしくてなりません。今年で24歳になりますが、未だに学部生活は終わらず、研究者目標ということもあって社会に出るのは他の職種の方よりかなり遅めです。勿論、社会に出てすぐに研究成果が出るわけでもなく。仮に研究がうまくいったとしても、それが祖母の健康につながるのはいつになるのやら、と思うと気が遠くなります。

最近実家から、祖母が介護施設のお世話になり始めている、という知らせを聞きました。2年ほど前の健康診断で骨密度が20代という驚愕の結果を出した祖母が介護施設に?流石に焦りました。人は自分の力のみで頑張ることを止めた途端に体が弱っていく生き物です。

そんなときに僕の頭に浮かんでしまったのが、「間に合わないかもしれない」という恐怖でした。どれだけ研究をしようとも、祖母に届かなければ何のために医療を目指したのかわからなくなる。そんな身勝手なことまで考えてしまった始末です。祖母は少し前までは元気すぎるくらい元気でした。それこそ体は20代とも思えるくらいに。だから心のどこかで、「時間はある」と根拠の無い考えを持ってしまっていたのでしょう。

夢の原動力を他人に転嫁するのはわがままだし言い訳がましいと思われるかもしれません。原動力が無くなったからといって夢を諦めるなんてバカげていますし、第一、男らしくないですね。だから、「僕は色々な人を救いたい。皆が皆、自分の人生を満足に生きられる世の中が良い」という思いで研究者を目指す、と言い聞かせてはいるのですが、なかなか難しいものがありますね、視野が狭いので。。。

結局のところ、先のことをあれこれ心配しても仕方が無く、今するべきことをやるべき(といいながら出来ていない)なのでしょう。また、夢のきっかけと原動力が異なることもあるのでしょう。

でもやっぱり、家族に長生きはしてもらいたいものです。夢云々以前に。これは全世界の共通認識でしょう。


長々とすみませんでした。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。