スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新プロモ「理念の化身」を使ってみましょう~。「赤単ネオジオング」デッキ

さぁ、ネグザ大戦も一区切りついて、最近はベースドブースターBサイクルの発売を心待ちにしていらっしゃるプレイヤーの方々も多いことでしょう。

今回は、ネグザ大戦で新規配布となった「理念の化身」というプロモーションカードを用いた、「赤単ネオジオング」デッキを詳しく解説していこうと思います。この「理念の化身」、ご存知の方も多いと思いますが、これから先よく使われるカードになりそうなので、「どう強いのか」「どう使うのか」を中心に話を進めていけたらなぁと思います~。

あ、今回は強プレイヤーの方々にとっては若干退屈な内容になると思いますので、ご了承下さい(笑)
ではではいつものようにレシピから!

赤単ネオジオング」←クリックでマデつくに飛びます!

スタンダードなネオジオングデッキです。このデッキで何を狙ってプレイすればいいのかというと・・・。

step1.ハンガーにコマンドカードを溜める
step2.「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に出す。
step3.「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」のテキストで敵軍ユニットを焼き払いながらアタックして勝利!

以上の3stepになります。この大きな流れを念頭に置いてプレイしましょう。


ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」のテキストで、ハンガーのコマンドの国力を参照しますので、序盤はその為の下準備。ハンガーにコマンドをガンガン溜めていきましょう。ハンガーに置かれたコマンドの合計国力の合計値が、6~8になれば上出来です。今までは「呉越同舟」が好相性なカードとして良く使用されてきましたが、ここで登場「理念の化身」。「理念の化身」は、戦闘フェイズにデッキから赤のUCのコマンド2枚をハンガーに持ってくる凄腕ユニーク。更には、Gに置くことで、ハンガーにある赤UCのコマンドを合計国力-1してプレイできるというオマケつき。このカードがあるとどういう強い動きが出来るのかというと・・・

・パターン1(化身戦隊アドレンジャー)
3ターン目:「理念の化身」をプレイ→新たに「理念の化身」2枚をハンガーに。
4ターン目:ハンガーにある「理念の化身」1枚をGに。もう1枚をプレイして「呉越同舟」「器たる気質」をハンガーに。直後にハンガーの「呉越同舟」をプレイ。(返しのターンに、ハンガーの「器たる気質」をプレイ可能)
5ターン目:「ローゼンズール」をプレイ。テキストで「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に。
6ターン目:「ネオ・ジオング[†]」」をプレイ、ジャンクヤードの「理念の化身」2枚をハンガーに回収→2枚ともコスト無しでプレイ。

・パターン2(最速合体サイコシャード)
3ターン目:「理念の化身」をプレイ→「理念の化身」と「縦横無尽」をハンガーに。
4ターン目:ハンガーの「理念の化身」をGに。更にハンガーの「縦横無尽」をプレイ。
5ターン目:「ローゼン・ズール」をプレイ→テキストで「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に。

パターン1は動きに若干の無駄があるように見えますが、「呉越同舟」を早めにかつ確実に撃てている点、ハンガーの枚数を一気に大量に増やせる点が強みです。4ターン目の返しに「器たる気質」を構えられるのも、実戦では役に立ちます。パターン2はとにかく最速で「ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」を場に出す戦法です。ハンガーが枯渇しやすいのが難点ですが、早めにユニットを場に出してしまえば後はカウンター等で相手の妨害に徹することも出来るので、非常に強い動きと言えるでしょう。
カードアドバンテージ重視のパターン1と、速度重視のパターン2をご紹介しましたが、状況次第で様々な動きを取れるのが、「理念の化身」の強さです。

ネオ・ジオング(サイコシャード)[†]」が場に出てしまえば、後は本国にアタックしていくだけ。敵軍のユニットはテキストでガンガン焼いていきましょう!相手からしたら、「どうしようもない状況」を作り出せる1枚。映画での活躍をガンダムウォーネグザでも再現しましょう!


では最後に、以上の流れをサポートする重要なカードを紹介します。

ギラ・ドーガ(フル・フロンタル機)[†]
プレイすると本国上1枚をハンガーに。それが赤UCのカードならもう1枚ハンガーに。ハンガーに送るカードは不確定ですが、高確率で2枚送ることができます。自身が4/1/4の戦闘配備でアタッカーとしても活躍してくれる、影の名手です。

忌まわしき記憶
ミラー戦で輝く1枚。どんな強ユニットも、テキストを無効化してしまえば良いというカード。一枚制限([†])の敵軍ユニットにセットしてやるのが効果的です。

胸のときめき
Gサインは赤UCでないものの、ネオジオングデッキと好相性な1枚。ネオジオングデッキは3ターン目が命な為、それより前のターンに手札(ハンガー)を増やして準備できるこのカードは重要です。しかし、ミラー戦では敵に塩を送ることも多いため、乱発は禁物です。

解説は以上です。現状「理念の化身」は入手難易度が非常に高い1枚なので、お手軽に・・・とまではいきませんが、作ってみる価値のあるデッキタイプです。ぜひチャレンジしてみて下さい!

ではでは~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。