スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋で使った青赤黒ダブルオーデッキ

名古屋で使ったデッキを軽くご紹介します。。。まずはレシピを!

青赤黒ダブルオー

基本は、「ダブルオーガンダム[†]」と「アリオスガンダム[†]」の着地を狙ったビートダウンになります。緑系のデッキが多い読みでしたので、それに対抗できるような構築に寄せてあります。

こちらから動くのは3ターン目です。「シュツルムガルス」「呉越同舟」「ガンダムアストレア」のプレイを狙います。ダブルオーデッキは今まで手札を増やす手段が貧弱だったのですが、「呉越同舟」のおかげで微量ながらもアドバンテージを稼ぐことが可能になりました。「シュツルムガルス」「呉越同舟」は、プレイ後に2ロール(多くの場合、青1黒1)残るので、返しのターンに「ソレスタルビーイング」を構えられるのが強いですね。

中盤戦もカギを握るのは、BBBで登場した「ガンダムエクシア[†]」です。「ガンダムエクシア[†]」でユニットを除外すると「追悼演説」のテキストは使えないため、緑にはなかなか刺さります。また、非常に厄介な「ユニコーンガンダム&バナージ」を処理できるのも、今回エクシアを採用した理由です。一応、相手の「シュツルムガルス」のテキストを封じられるのも強いですね。

終盤は、「ダブルオーガンダム[†]」と「アリオスガンダム[†]」で蓋をしましょう。最近のダブルオーは4国クイックで使えるユニットが増えてきたので、6国ユニットをプレイした返しに4国ユニットをプレイ、という流れが非常に決めやすくなりました。

主な解説は以上です。あとは特徴的?なカードをご紹介します。。。

「刹那・F・セイエイ」
刹那といえば3国クイックの方が有名ですが、今回は4国の方を採用しました。Gが復活する点が強く、実質0ロールで3/0/2のサイズアップが見込めるので、一気に場で優位に立てます。例えば3ターン目に「ガンダムアストレア」を出せているとき、4ターン目に刹那、改装「GNアーマー TYPE-E」⇒テキスト起動してまだ2ロール残っているので、その2ロールで「ソレスタルビーイング」「解き放たれた翼」を使える自由度の高さが良いですね。

「リヒテンダール・ツエーリ」
周りから「ナニソレ?!」と言われた1枚です(笑)。今回「ガンダムエクシア[†]」を採用するにあたり、相性のいいダブルオーのキャラを探してこのキャラに行き当たりましたwこのキャラなら、
  ・ステイなので、ユニットが居なくてもあらかじめ場に置いておける
  ・エクシアとは色が完全に異なる上に1ロールであるため、4国の状態でエクシアプレイ、カットでリヒテンダールプレイという動き(エクシアのテキストが起動できる)も一応決めやすい
  ・環境的に回復が強いし、それを余ったロールコストで行える
と、相性の良い点が多かったので、今回採用しました。

「迫り来る狂気」
緑単で当然のように採用される「ドップ(ガルマ機)[†]」「ザクⅡ改(バーニィ機)[†]」はどちらも耐久1であり、後攻でもこのカード1枚をGに置くだけで処理できるのが最大の強みでした。特にザクⅡ改(バーニィ機)[†]は放置すると次のターンに「ハーディ・シュタイナー」が乗る可能性があるので、最優先で落としたい1枚です。また、こちらに「ダブルオーガンダム[†]」がいるとき、このカードを撃つだけで相手にマイナスコインをばら撒ける(ダブルオーのテキスト)のも強みです。


解説は以上です。ロールコストを使いまくって勝つデッキなので、ネグザをやっている感じ全開のデッキです(笑)。ぜひ一度お試しください!

ではでは~



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして!名古屋大会でダブルオーが優勝したと聞き、レシピを探してこちらのブログに辿りついた者です。
まずは名古屋大会優勝おめでとうございます!

現環境でのダブルオーによる優勝というのは本当に驚きで、ダブルオー好きである自分としても誇らしく思えました(笑)
そして今回このデッキを拝見し、環境を読んだ上での見事な構築と選定に深く感動しました!レシピ参考にさせて頂きます!

少し気になった点があるのですが、シュツルム・ガルスの採用はアストレアを含めて3T目で殴る事を意識しているからですか?
自分はダブルオーデッキのこの枠には、いつもSTに入っていたティエレンなど友好色サーチを入れていたのですが、やはり殴るターンを意識した方が良いのかなと思いまして(汗)

Re

>ジュゲムさん
コメントありがとうございます!
シュツルムガルスとティエレンのどちらを採用するかは、実は最後まで悩んでました(汗)。決め手となったのは、ジュゲムさんのおっしゃる通り、3t目に殴り始めたかったという点です。
ダブルオーデッキは6国ユニットが出てから本領発揮みたいなところがあるのですが、6国を出してから殴り始めたのでは緑相手にもユニコーン相手にも全くもって間に合わないので、早い段階から本国を削りにいけるシュツルムガルスにしました。やはり戦闘配備が強力で、中盤以降に引いても緊急時のブロッカーとしてすぐに動けるのが強みでした。格闘も4あるため、ソレスタルビーイングで捲れたときに相手の高機動型ザクⅡ(ジョニー機)と相討ちを取るなど、このデッキでは活躍できる場面が多いように思います。
プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。