スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9弾Gレコ雑感

あまりこういう記事を書くのは得意ではありませんが・・・・・

9弾「闘う覚悟」で収録される「Gのレコンギスタ」のカード何種類かをプロキシ(コピー)で作って、実際に回してみました。今回はその使用感をメモっておこうかと思います。


「ジャハナム(クリム機)」
1国からガンガン攻めていけるユニット。手札に同サインのキャラが居ないとプレイ出来ませんが、Gレコデッキの性質上、キャラは結構な枚数積んでいたので、問題なくプレイ出来ました。
序盤に出すGセルフ系のユニットは地球適正が多いので、自身が宇宙から出撃できるのが強かったです。1tジャハナム(クリム機)→2tGセルフ(大気圏用パック・ベルリ機)+カーヒルセイントで両面パンチ11点はなかなかに強力でした。

「Gセルフ(アサルトパック)」
期待通りの性能でした。4tから改装でエリア不問8点焼きはかなり強かったです。普通にプレイすることはあまりなく、手札に抱えて、相手のブロッカーを改装で焼いて、本国にダメージを通す、という使い方が丸そうです。
射撃が3あるので部隊の後ろから殴って打点底上げできるのも強かったです。

「驚異の瞬発力」
Gレコデッキがかなり速いデッキなので、相手の戦闘配備持ちのユニットをプレイ無効出来るのは大きく、間接的なブロッカー排除に役立ちました。このカードで得る1ターンのテンポは非常に重要で、本国10枚前後のアドバンテージを生み出してくれます。

「ジュガンマインストロン」
他のキャラがダメージを与えると1枚ハンデスさせるカード。テキストの起動自体にはロールコストを要求されないので、使い勝手自体は悪くありませんが、問題は「いつプレイするか」でした(今でしょ)。
1ターン目はジャハナムやレクテン等の優秀ユニットがいますし、そもそもGレコデッキは先にユニットを出していった方が後の攻めにつなげやすいので、よほどのことが無ければ1ターン目にプレイすることはありませんでした。
では2ターン目以降は???強い動きが1パターンありました。「G-セルフ(大気圏用パック・ベルリ機)」をプレイしてそのままジュガンをセットして5点パンチ。続く3ターン目にベルリゼナムをプレイしてジュガンをハンガーに押し出し、そのジュガンを今度はステイで場にセットします。そうすれば、ベルリの乗ったGセルフ+ジュガンという場が完成し、7点+ハンデスという流れを作ることができます。
強い流れがあるとはいえ、そもそもジュガンをプレイすること自体手札を1枚使っているので、むやみにプレイすることは考え物でした。Gレコデッキに必須、という感じのカードではなさそうです。勝ちにつなげるカードというよりは、相手の逆転の可能性を狭めるカードなので、少し余裕があるときにプレイするくらいがちょうど良さそうです。

「Gセルフ(高トルクパック)」
デッキには2枚積んでましたが、今回使うことはありませんでした。プレイするにしてもテキストを使うにしてもロールコストが重いので、使う機会は少なそうですね。

「マックナイフ(マスク機)」
今回デッキに入れてません

「奇妙な巡り合い」
今回デッキに入れてません


~デッキ全体として~
今回は作品単構築で遊んでみましたが、Gレコは低国力ユニット+早い改装で序盤から一気に本国を詰めていくデッキという定型を確立できたように思います。今回使わなかった「マックナイフ(マスク機)」や「奇妙な巡り合い」に加えて、「新機動戦記ガンダムW」のカードを混ぜるなどして、中速以降のデッキを組んでみても面白いかと思われます
新弾が楽しみですね。

今回は以上です。こういう記事ってそもそも需要あるのかな・・・w







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。