スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GWN】12弾Sレア

出揃ったようなので、めったにやらない感想羅列をばん。

①ガンダム
7弾で人気のあった「ガンダム(ラストシューティング)」同様、特徴「レジェンド」にスポットを当てたテキスト。ラストシューティングと違って余計なロールコストを食いませんが、カード枚数のアドバンテージではラストシューティングに軍配が。単純なカードパワーで言ったらラストシューティングのが強そうな気がします。

②ELSクアンタ
大型回復+ドローという大雑把なテキスト。10弾の00勢と違い、プレイ以外の方法で場に出た場合でも起動するので、ラストシューティングや、勿論上記のガンダムのテキストで出た場合でもOK。作品単レベルまで落とせば、「ソレスタルビーイング」の選択肢が増えたととらえることも出来るでしょう。原作的にも大好きなカードです。12弾では一番使ってみたい。

③不屈の本能
ガンダムウォーではよくある、「カードプールが増える度に顕著にパワーを増していくカード」の代表例。現状では、2国ACE→「アリオスMA」→6国00勢、の流れが面白そうです。

④アプサラスⅢ
今までに何度か収録されているアプサラス。遂に本国直ダメのテキストを抱えて降臨しました。パッと見た感じ、「ガンダムサバーニャ」のようなチップ等で数を増やすテキストと好相性のようです。下記の「狂気の産声」と組み合わせても面白そうです。

⑤狂気の産声
旧GWでも似たような効果のカードがあったようなw。それは置いといて、茶色に似たカード「生きている遺跡」がありますね。あちらとは違い、こちらは攻めにも使えるという点が最大の売りでしょう。勿論、相手のターンに撃って防御に使っても良く、汎用性の高いカードだと思います。

⑥ジオング
ユニットの登場に反応して焼きテキストが誘発します。自身のテキストでチップ(ユニット)を生み出すので自己完結しており、ユニット焼きとしては最高性能でしょう。さて、茶色デッキが環境でブンブンしている現状を果たして5国焼きテキストで打破できるのか否か・・・・それが一番の問題のような気がします。

⑦ジオ
戦闘配備がない・・・・・。テキスト通り、ジャンクヤードから釣る戦法以外では効率が悪そうです。ジャンク除外さえ受けなければ、除去テキストも相まってなかなか強そうだと思える1枚。

⑧ガンダム試作3号機デンドロビウム
テキスト的にほぼ作品単限定の運用になりそうですが、全体除去と、破壊時のリクルートはなかなか手堅く、かなり強そうな1枚
。5EXに収録された「ガンダム試作3号機ステイメン」と抜群の相性ですね。

⑨因縁の対決
恐らくテキストデザインの段階で何かがあったのでしょう


ちょっと長くなったので続きはまた。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。