スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWNに関してちょっと思ってること

今回の記事はいつも以上に主観ぶっぱ&口が悪くなるかもなのでご了承を。
あと、ネグザ好きでたまらない人は読まん方がいいかもです。

だいたい2カ月に一度くらいネット掲示板(不特定多数の目に入るもの)などで見る「ネグザって大丈夫なん?続くの?終わるんじゃない?」という終末発言。プレイヤーからすると相手にするだけ無駄なのですが、このことについて、一応ネグザが好きでたまらない人間の視点から思うことをいくつか書いておきます。


1、こういった発言が出る理由・現状
はっきり言ってよくわかりません。だから余計にイラっとくるわけです。一番腹立たしいのは、こういった発言が恐らくはネグザプレイヤーの中から出ているということです。

2、この発言がプレイヤーにどう影響を与えるか
TCGプレイヤーは、大きく分けて、

①プレイ歴が長く、好きで好きでたまらない層
②始めたばかり、或いはこれから始める層

の2つの層に分けて考えることができます。終末発言は、これらの層にどのような影響を与えるのでしょうか。

①については特に問題ないようです。というかそもそも相手にされないようです。目に入った以上気分を害するケースはあるようですが。
しかし、②については大問題です。一部で「終わるかも」って言われるゲームに新規層が喜んで足を踏み入れるでしょうか?また、始めたばかりの層がこんな発言を目にして、変わることなくこのゲームを楽しんでいこうと思うでしょうか?理想論としてはそうでしょう。しかし、現実的に皆がそうなるとは考えられません。極論になってしまいますが、この発言によってプレイヤーが新たに増えることは100%あり得ません。


3、勘違い
終末発言をする人々の中には「(終末発言を目にしても)ちゃんと楽しむ気持ちを持っているなら問題ないだろう。」という考えを持っている方が一部いらっしゃるようです。確かに、「既に」このゲームをこの上ないくらい楽しんでいる人、或いは楽しんできた人からすればそうでしょう。しかし、それは大きな勘違いです。世の中には、このゲームをこれから(さらに)楽しもうと思っている人や、遊ぶエリアをもっと広げていこうと思う人が居ます。そういう人たちに対して、終末発言はあまりにも残酷だとは思いませんか?もっとこのゲームを楽しもうという気持ちを少なからず抑えてしまうとは考えられませんか?


4、終末論者の言いたいことはわからんでもない
終末論者の方々は、恐らくネグザが好きなのでしょう。だからこそ、理由や過程はどうあれネグザに危機感を覚えればそれに対して警鐘を鳴らしたくてたまらなくなり、そういった発言をしてしまうのだと思います。
「ネグザ終わるのか(でも終わってほしくない)」
百歩譲ってツンデレですね。褒め言葉ではありません、皮肉です。
哀しいことに、「とりあえず終わるかもって言っとけば、オレ、先を見ているようでカッコいい」という中2病フルスロットルの方もいらっしゃるようで。


5、最後に
面白いゲームなんですから、どうせならもっと人口を増やしていきましょう。終末論者の方々は、仮に軽い冗談だとしても「終わるかも(終わらないで)」という言葉は一旦心に閉まって、「こういう面白さがある。すげー。」という空気、雰囲気を一緒に作っていきませんか?その方が、プレイヤーは増え、今よりもっと規模の大きいゲームになると思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。