スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういう僕はゆとり世代

今日、用事があって名駅の高島屋に行って来たんですが、乗ったエレベータの扉が開いているときに少し遠くから・・・

「すみませ~ん」

と大きめの声。見ると、中年のおじさんが足をひきつりながらこちらへ。どうやらエレベータに乗りたい御様子。

と、そのとき。エレベータの扉付近にいた青年が「閉」ボタンをプッシュ。声は聞こえていたし、姿も余裕で見えていたはずなのに、なぜか完全スルー。結果的にそのおじさんはこのエレベータに乗れませんでした。

下降中のエレベータの中では他の乗客が、先ほどのおじさんを明らかにバカにしたような話し声(小)と笑い声(小)。

(・・・おいおい)と思いましたが、やっぱり声を張ってでも青年を止めるべきでしたかね・・・。そういった意味では僕もその乗客と同罪なのでしょうが・・。

どちらにせよ、日本もさびしくなりましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。