スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青赤デンドロビウム(レシピ掲載&解説少々)

数日間、構築に悩んでいましたが、今日友人とフリプで調整してまあまあ納得のいく形になったのでレシピを掲載します。

(ACE)
3フルバーニアン&コウ

(ユニット)
3ガンダム試作3号機ステイメン
3ガンダム試作3号機デンドロビウム
3クイン・マンサ

(コマンド)
1周辺警護
2急ごしらえ
2サラサ再臨
2政治特権
2密約(旧)
2託された意思
1爆導索
3ガンダムの力
2極限の機動性能
3試作開発プラン
1密約(新)
1ファンネルコンテナ
1機動弾薬庫
2偏向メガ粒子砲

(オペレーション)
1虚偽の報告
1転向

(ジェネレーション)
4ホワイトベース隊
2黒の部隊
2激しき情念(赤)
1通じ合う心(青)
1赤基本G
1青基本G


勝ち筋は、デンドロビウムの効果で強力な「偏向メガ粒子砲」をハンガーに持ってきて相手の出撃にロックをかけ、そのまま殴り勝つという非常にシンプルなもの。

このデッキの強みは、「クイン・マンサ」による打点の底上げが可能なところです。ステイメン、デンドロビウムだけだと宇宙片適性なので、ダメージレースで負けることも考えられます。しかし、そこにクイン・マンサが加わることで地球からも強打点を与えることができ非常に強力です。弩級による早だしができる相性の良さがウリですね。

~デッキの動かし方~

序盤は、ひたすらステイメンとデンドロビウムを手札に集める作業です。ステイメンは、相手がハンデスor速攻デッキで無い限りは急いで場に出す必要はありません。焼きユニークで退場させられることもありますからね。

中盤(主に5ターン目)になったら動き始め、完全に蓋をします。ステイメン→デンドロビウム換装か、試作開発プラン→デンドロビウムをプレイで、本国から必要な弩級コマンドをサーチします。基本的には、「偏向メガ粒子砲」や「極限の機動性能」をもってくることになると思います。これで相手はほぼ手出しできなくなるので、あとはデンドロビウムによる高機動パンチで止めを刺しましょう。

この一連の流れ、「パーツ集め→高機動パンチ」で最高の動きを見せてくれるのが、最新弾で登場したACE「フルバーニアン&コウ」です。序盤は第1テキストによる手札入れ替えでステイメンやデンドロビウムを本国から呼びます。このとき、弩級コマンドを本国の下に送れるので、デンドロビウムとの相性が非常によいです。中盤以降は高機動付加によるパンチが主な仕事です。3枚ロールコストを払ってデンドロビウムと出撃するだけで高機動7点パンチ、というのが強力ですね。

~構築後のフリプで調整したところ~

弱点及び課題は、「デンドロビウム登場までに、いかに本国を守るか」というものでした。ここで行き着いた答えが「ガンダムの力」です。8点回復という効果に加え、赤Gの確保もできるので一石二鳥です。

Gバランスについて。青、赤共に2国以上は欲しいので、安定性も考えて各色8,9枚は欲しいところ。「フルバーニアン&コウ」を早めに出したいので、青2Gの確保が優先。結果、青G9枚、赤G8枚になりました(ヴァリアブル含む)。

~各種対策カード~

「託された意思」
今後、ステイメンが環境の中心になることは十分予想されます。それの対策として「焼きユニークによるステイメンの破壊」が挙げられることでしょう。そこで一仕事してくれるのがこのカードです。自分のステイメンが焼きユニーク等で破壊されたときに廃棄カットインで救うこともできますし、逆にこちらが相手のステイメンを破壊したときにそれを頂戴することで、アドバンテージにつなげることができます。青G確保できることもgood

「ファンネルコンテナ」
これもミラー対策で、「クイン・マンサ」に対する解答です。クイン・マンサはハンガーにいれば早だしテキストが起動しないため、相手のテンポを遅らせることができます。


以上です。早速大会で使ってみようかなぁ・・・。

ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。