スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GT予選レポ

参加人数:3人
大会形式:総当り

使用デッキ:青赤デンドロステイメン


1回戦:vs緑紫ジンクス
○×○

1セット目。序盤の猛攻は、「ファンネルコンテナ」と「ガンダムの力」で耐える。後半、ステイメンとデンドロビウムが場に揃って、ハンガーに「偏向メガ粒子砲」。実質的に出撃制限をかけて殴り勝ち。

2セット目。相手先攻ガンまわり。ステイメンがいないのでメガ粒子砲が撃てず、そのままサンドバック状態。ファンネルコンテナであがいてみるも、数が違う!!負け。

3セット目。今度はちゃんとステイメンあり。クインマンサというフィニシャーも出て、終始理想の動き。手札に「極限の機動性能」を握れたこともあり、安心して殴って勝ち。


2回戦:茶単グランドウォルター
○××

1セット目。理想の動き。ステイメン&デンドロ&メガのセットで勝ち。

2セット目。ちょびっとG事故して、タメG宣言後に「エネルギー吸収」くらいました。。次のターン、Gが止まって返しのターンに「宝物投棄」がとんできました。さすがに勝ちのビジョンが見えなくて投了。

3セット目。メガ粒子砲とクインマンサで大打点が決まって、相手本国が薄い。勝ったかな?と思ったら、返しのターンにグランドマスターから一斉展開。ウォルターとか色々出てきてワンショットキルをされ、負け。
・・・だったんですが、決着がついた後に、ルールミス発覚。ウォルター(アタックモード)のノーベル置き換えテキストの資源コストを相手が払っておらず、もし払っていたら相手の本国が0になっていました・・・。指摘できていれば、そのターンは耐えて、次のターンで勝ちだったんですが、終わったものはしょうがない。判断が甘かったようです。。対戦相手が真摯な方で、優勝プロモを譲ってくれました。

結果:2位


試合後は大会参加メンバーと雑談をして帰宅。

やはり、デンドロステイメンのパワーは本物のようです。ステイメンがいないと大変なのですが、そこは豊富なドローソースでカバーするしかない。「偏向メガ粒子砲」は、一撃で試合を終わらせるレベルの兵器なので、これからのメタの中心になることは間違いないでしょう。

デッキ内容の考察としては、ステイメンがいないときの勝ち筋を明確にする必要があると感じました。クインマンサのパンチだけでは押し切れないこともあるので、そこはこれから調整していきたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。