スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁書目録&超電磁砲、そしてミルキィ。

たまにはヴァイスについても記事を書こうかと思いまする。

ヴァイスの全国大会地区決勝が始まって結構経ちますが、メタは「禁書&電磁」、「ミルキィ」、「エヴァ」のようですね。

その中でも僕が愛用している禁書&電磁について。

入賞者の方々のデッキを拝見すると、構築バランスに若干の変遷が見受けられます。昔は、「冥土返し」が当然のように4枚積まれていましたが、最近は「多才能力者 木山」が4枚積まれ、「冥土返し」は2,3枚に減っているデッキが多いようです。

理由としては、同じくメタに上がっている「エヴァ」の、「トドメのアスカ」の存在が挙げられると思います。これがいると、0レベはほぼ意味を成さなくなる(毎ターン焼かれる)ので、「冥土返し」の活躍が薄まります。

これに対し、「多才能力者 木山」は超能力のパワーを底上げ(バトルに勝ちやすくなり、アンコールが必要なくなる)し、自身は除去も受けにくいので優秀です。パワーの底上げについては、「一つ屋根の下 美琴&黒子」の追加ダメージテキストとも相性がよく、経験を満たした「ハロウィンナイト エリー」(ミルキィ)も倒しやすくなるので、メタには綺麗にはまっているといえます。また、専用クライマックス「せんせいの執念」との連動(ストック増加)も強力で、「一つ屋根の下 美琴&黒子」のようにコストを多用するこのデッキではカード2,3枚分の仕事をしてくれます。

以上のことから、現在は「冥土返し」より「多才能力者 木山」が優先して採用されています。

後列に「多才能力者 木山」が2枚並ぶと、「一つ屋根の下 美琴&黒子」が常時パワーが13000になり、カウンターカード「ビッグスパイダー」を握れば相手ターンにパワー17000まで上がります。流石にこれなら安心ですね。

禁書&電磁には超能力絡みの効果がたくさんあるので、「多才能力者 木山」によって受けられる恩恵は、やはり大きいでしょう。

なので僕も木山せんせーを4枚積みたいのですが・・・シングル価格が高くて・・・wまだまだ冥土のじーさんにはお世話になりそうですww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。