スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青黒タッチ白コントロール

先日の店舗予選で使用したデッキです。

(青)
4エナジーライト
4セブコアクマン
3アクアバースター
1アクアサーファー

(黒)
4特攻人形ジェニー
2ゴーストタッチ
2ローズキャッスル
2解体人形ジェニー
4超次元リバイヴホール
3超次元ミカドホール
2超次元バイスホール

(白)
1光牙忍ハヤブサマル
1予言者コロン
1霊騎コルテオ

(虹)
4魔光騎聖ブラッディシャドウ
2聖鎧亜クイーンアルカディアス


・・・解説等の前にひとつだけ。


レシピの中で一際輝く「予言者コロン」は、本来なら「霊騎コルテオ」でした。持ってなかったんですよ、ええ。


では気を取り直して。

基本戦略はご覧の通り、青黒によるハンデス→超次元によるコントロールです。各地で猛威をふるっていた「エンペラーキリコ」を主軸としたデッキは、「Mロマノフ」等の速攻orビート系のデッキに圧殺される傾向にあったようなので、思い切って想定メタから除外しました。想定した環境は・・・

黒赤速攻
Mロマ
青黒ハンデス
トリーヴァ

です。各々のデッキにいくつか派生があることも考慮すると、デッキの速度や相手への干渉力の度合いが多種多様。このような環境では、コンボデッキやオリジナルの地雷デッキでは勝ちあがれないと思ったので、素直に環境内のデッキに頼ることにしました。上記4つのうち、カラーリング的に昔から馴染み深い青黒(タッチ白の所謂ドロマー)を選択。


①ドローソース
候補は「エナジーライト」「コアクアンのおつかい」「セブコアクマン」の3種。流行りは前の2つですが、あえて「コアクアン」を抜いて「セブコアクマン」を投入。理由は色々あるんですが・・・

・クリーチャー比率を上げ、「ヴォルグサンダー」への耐久力を上げる
・青黒ミラーにおいて場数で優位に立てる
・パワー2000なので「ローズキャッスル」を割りやすい
・「リバイヴホール」で回収可能

以上が、投入の決め手となった理由です。ドロー速度が落ちるという大きなデメリットはありましたが、クリーチャーであるという点が非常に魅力的でした。昔の「アクアンブラック」を思い出しますね。「コアクアン」ではなく「エナジーライト」を優先したのは、「コアクアン」で「セブコアクマン」がめくれるのが嫌だったからです。


②ハンデス&超次元
「リバイヴホール」軸ですので、「特攻人形ジェニー」は4枚投入。呪文よりもクリーチャーが優先される環境と判断して「バイスホール」は最低限必要な2枚にまで絞りました。ビート、速攻に勝てるように「ミカドホール」を3枚投入して超次元は計9枚。「ゴーストタッチ」は本当は4枚入れたかったのですが、場数の確保の為、2枚を「解体人形ジェニー」に変更。中盤のピーピングハンデスを視野に入れました。

③メタ、その他
流行の青黒よりは場数が並ぶ構築にしてありますので、「霊騎コルテオ」が最大効率で仕事をしてくれます。各種強力な超次元呪文を問答無用でシャットアウトする「クイーンアルカディアス」も勿論投入。あとは、「キル」や「アンタッチャブル」のばら撒きが怖いので「ローズキャッスル」。・・・とまあ色々突っ込んだ欲張り構築となっております。。。



こんな感じですね。場数を揃えて一気に殴りきるというちょっと変わった青黒なので、地雷といえば地雷でした。構築の反省点としては、既に場に出た相手クリーチャーを除去する手段が少ないので、素直に「陰謀と計略の手」を積めば良かったなあと。「ランブル」等を簡単に覚醒させてしまうのは、一歩間違えれば死に直結しますしね。


エリア代表戦用のデッキは、いくつか考えてはいるんですが、なかなかまとまらないですね(汗)。いつも通り、試作をいくつか作って身内と調整って感じですね。


ではでは~

権利とりました~

11月5日の店舗予選で優勝できまして、無事、DMエリア代表選抜大会の出場権を獲得しました。以下レポです。


参加人数:32人

使用デッキ:青黒ハンデスコン


1回戦:vs5色超次元コン
序盤に「特攻人形ジェニー」で手札を枯らせて、「リバイヴホール」→「ブラッディシャドウ」+「ジョン」+「アンタッチャブル」のセットを決めて、トドメに「バイスホール」からの「キル」+「ヤヌス」で殴りきりました。


2回戦:vs青黒ハンデスコン
ランブル軸。「シークレットクロックタワー」で相手の「ランブル」が簡単に覚醒。「ラストストーム」が出てきましたが、「ブラッディシャドウ」×2で耐え抜いて、返しのターンに小型で殴りきりました。「セブコアクマン」で手札を増やしつつ場数を確保できたのが強かった??


3回戦:vs青黒ハンデスコン
ヴォルグ型。「ヴォルグサンダー」が計4回くらい出てきました(勿論、対象は全てこっち)が、耐えることに成功。2回戦同様、「セブコアクマン」で場数を揃えて、「バイスホール」からの「キル」+「ヤヌス」で勝ち。


4回戦:vs青黒速攻
後攻スタートで相手先攻1ターン目に「ザビクロー」が出てきて焦る。が、シールド1枚目で「アクアバースター」。相手の計算が狂ったところに「ブラッディシャドウ」を並べて、一気に盤面がひっくり返りました。ダメ押しの「ローズキャッスル」を出して、あとは小型で殴り勝ち。


5回戦(決勝):vs青黒タッチ白ハンデスコン
またまた青黒(笑)。クイーン軸でした。クイーンを出されることはある程度読んでいたので、手札に来た「アクアバースター」は一応キープ。先攻だったので、「解体人形ジェニー」を先だしして手札チェックしたら、案の定相手の手札に「クイーン」。しかも2枚(笑)。効率のいい対処法が見つからず、とりあえずその場は手札から「解体人形ジェニー」を引っこ抜いて、次ターン「セブコアクマン」、その次のターン「バイスホール」で、アド&打点確保の為「ディアスZ」→「セブコアクマン」でシールド1枚ブレイク。返しのターンに「クイーン」が出てきて、「アクアバースター」で戻そうかなーと考えていたら、次のドローでなんと「クイーン」。前のターンに「ブラッディシャドウ」を出していたのでそのまま進化で、勝負を賭けて一斉攻撃。勝ちました。トップが強かったです。


結果:優勝


キリコと黒Mに当たらなかったのが大きかったですね。運が良かったです。デッキレシピ等は後ほど・・・。

さーて

明日は久々のデュエマ大会。公式大会「ビクトリー1」の店舗予選です。今回は日程的にあまり店舗をまわれそうに無いので、1回1回を大事にして、自分の出来る限りを出し切ってこようと思いまする。

殿堂ゼロデュエルレポ

直前まで、ゼロデュエルだということを知りませんでしたww



参加者:16人くらい
使用デッキ:殿堂守りのドロマー超次元


1回戦:vs赤緑ドラゴン

多分、殿堂守ってた。序盤からハンデスがまわって、安全にラストストームまでつなげて勝ち。


2回戦:vsMロマ(ドレーン型)

序盤からバンバン殴られたけど、Sトリガーでゴーストタッチがめくれて相手手札0。返しにミカドホール→ガンヴィートで足を引っ張ってラストストームで勝ち。デッキに残り2枚のMロマを引かれなくて助かった。


3回戦:vs赤緑ドラゴン

多分、殿堂守ってた。相手の手札0にして、ガンヴィートが覚醒してクイーンでフィニッシュ。


4回戦(決勝):vs赤緑速攻

多分、殿堂守っt(ry 奇跡的にヤミノザンジ×2とハヤブサマルが手札にきて、序盤の猛攻を耐え切れた。ラストストームでフィニッシュ。



結果:優勝

みんな殿堂守っていて、普段のデュエルロードと変わらない雰囲気でしたとさwプロモのアマテラスは持っていなかったので、本日は非常にラッキーでしたね。

現環境におけるドロマーは、ビートに少しは耐性のある構築に変遷してきましたね。それもこれも、アヴァラルド先生が殿堂入りして、コアクアンがメインエンジンになる→ヤミノザンジ&ハヤブサマルがすんなり入るという流れがあまりにも自然だからですねw更に、ドロマーというデッキタイプの性質とシノビというシステムの噛み合いで、最大効率をたたき出すことができるのも大きな魅力ですね~(まあここが、ランブルを採用するのかチャクラを採用するのかという分水嶺を生む最大の理由でもありますが・・・)。

個人的にはお気に入りのドロマーですが、次の弾でちょっと面倒くさいカードが入っているようなので、研究は一旦お休み~。

デュエルロードレポ

ただの敗戦記録ですが、暇つぶしの読み物程度にはなるかとww


使用デッキ:ネクラ超次元(タッチバルカディアス)
大会形式:2本先取


1回戦:不戦勝


2回戦:vsドロマー

1本目。先攻ブーストからのハッスルキャッスル築城に成功。ハンデスされて手札枯渇するも、トップ解決&リカバリーで超次元並べまくって制圧。勝ち。

2本目。ハッスルキャッスルを建てる前に、ハンデスし切られ手札0。数による暴力で押し切られて負け。

3本目。ドロマーの理想的な動きをされる。こっちのハンド切れてからの、ラストストームで敗北。

○××


3回戦:vsドロマー

1本目。チャクラゲーされた。あとはキル&ヤヌスのコンボで蒸発。

2本目。アンタッチャブル×2→キル&ヤヌス→ラストストームの流れを止められず、投了。

××-


4回戦:vs白黒コントロール(天使悪魔中心)

1本目。超次元で場アドを稼ぎつつ、覚醒ランブルとディアスZで押し切って勝ち。

2本目。紋章→バルカでロックして、押し切り勝ち。

○○-


結果:圏外w



とりあえずメモがてら、自分なりにわかったことをまとめてみる。

①バルカが強いのは事実。しかし、環境に適応するには工夫が必要で、少なくともドロマーに勝つならクイーンで十分。

②ブーストを使っても、ハンデスでストップすることが多い。

③他のデッキタイプに比べて確定除去が若干足りない。ラストストーム等のGAME・END級のカードを確実に潰す手段の検討が必要。


もともと、「バルカディアスを使ってトーナメントで勝ちたい」というワガママのもと研究を始めたこのデッキ。弱体化したとはいえ、TCGのルールからして普遍的な強さをもつドロマーに7割勝てないことには、トーナメントは勝ちあがれない(でなければ、素直にドロマーを使ったほうが・・・)。

バルカを使うネクラデッキといっても色々あるわけで。。。

①超次元コン型
②アシュライガー型

大雑把に分類しても上の2つに分かれる。どちらにせよハッスルキャッスルはドローソースとして貴重なわけで、これがないと安定した勝利は遠い。

まだまだ研究の道のりは長いってかーいww
プロフィール

アッス

Author:アッス

とある大学生です。

ガンダムウォーネグザやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
来訪者
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。